インテル® VTune™ Amplifier XE

高度なパフォーマンス・プロファイラー

  • ソフトウェアを高速化 – 精度の高いデータを低オーバーヘッドで取得
  • 素早く結果を確認可能 – 簡単な手順で詳細なプロファイル情報を収集
  • ローカル/リモートでデータ収集 – CPU、GPU、バンド幅、スレッド化
  • このページでは、https://software.intel.com/en-us/intel-vtune-amplifier-xe の内容をもとに、製品に関連する記事や参考資料へのリンクをまとめています。
  • 本製品は単体販売の他、インテル® Parallel Studio XE Professional Edition 以上、インテル® Media Server Studio Professional Edition 以上、インテル® System Studio Professional Edition 以上にも同梱されています。

関連記事

関連記事一覧

サポート

ようこそ!! このサポートページでは、トレーニング、ドキュメント、よくある問い合わせ、サンプルコードなどを含む豊富なサポートリソースを提供します。パフォーマンス・プロファイラーは、いくつかのソフトウェア開発スイートに含まれるコンポーネントです。情報の多くは一般的ですが、特定のトピックもカバーされています。

インテル® ソフトウェア開発製品には年間の技術サポートが含まれています。技術サポートを利用するためには、製品をご購入いただいた後、製品登録およびユーザー登録が必要です。製品を登録されると、無料のソフトウェア・アップデートと 1 年間のサポートが提供されます。サポートサービスでアップデート・サービスとサポートを延長できます。


学ぶ:

  • トレーニング – さまざまなレベルの導入ガイド、ビデオ、チュートリアル、オンライン・トレーニングおよび技術記事から学習できます。
  • ドキュメント – ユーザーおよびリファレンス・マニュアル、新機能、リリースノート。
  • FAQ – 製品に関するよくある問い合わせの質疑応答集
  • サンプルコード – 製品に含まれるそれぞれのツールの機能に関する実際のサンプルコードから学ぶことができます。

サポートが必要な場合:

トレーニング

導入ガイド:

  • 導入ビデオ: インテル® VTune™ Amplifier XE の基本的な使い方。

高度な内容:

  • チュートリアル: インテル® VTune™ Amplifier XE を使い始める方法。チュートリアルでは、アプリケーションに適用できる、エンドツーエンドのワークフローを説明します。
  • 詳しいビデオ: 高度なビデオでは専門家向けの使い方を説明します。

オンライン・トレーニング::

インテル® VTune™ Amplifier XE 機能の詳細を説明、過去のトレーニングを見る。

高度な内容:

  • チュートリアル: インテル® VTune™ Amplifier XE を使い始める方法。チュートリアルでは、アプリケーションに適用できる、エンドツーエンドのワークフローを説明します。
  • 詳しいビデオ: 高度なビデオでは専門家向けの使い方を説明します。

関連記事:


導入ビデオ

  • インテル® VTune™ Amplifier XE を使用して Linux* システム上のアプリケーションのホットスポットを検出 (英語): このビデオでは、Tachyon と呼ばれるレイトレーシング・アプリケーションの基本ホットスポットをツールを使用して検出する方法を説明します。また、ツールの起動方法、シェルが見つけられるよう環境変数を設定する方法、サンプルプロジェクトの場所、tachyon プロジェクトのビルド方法、そしてインテル® VTune™ Amplifier XE を使用してホットスポットを検出し、異なる実行と結果を比較する方法などを説明します。
  • ホットスポットを見つけます (英語): 一連の 5 分ほどのビデオは、インテル® VTune™ Amplifier XE の画面表示について説明します: サマリー (Summary)、ボトムアップ(Bottom-up)、タイムライン(Timeline)、ソース(Source)。また、提供されるサンプルを使用して、基本ホットスポット(Basic hotspots) 収集の設定方法、ヘルプの使い方なども説明します。
  • インテル® VTune™ Amplifier XE のインターフェイスについて (英語):生産性を向上するため、インテル® VTune™ Amplifier XE のインターフェイスをアレンジする方法を学びます。
  • 実行中のプロセスをプロファイルする (英語):すでに起動されているプロセスのプロファイル方法を説明します。これは、パフォーマンス解析のためアプリケーションを再起動できない、または面倒である場合に便利です。
  • システム全体のプロファイル (英語):単一プロセスの代わりにシステム全体をプロファイルします。ドライバーや複数のプロセスをプロフィルする必要があるか、パフォーマンス解析のためにアプリケーションを再起動することが困難な場合に有用です。

詳しいビデオ


チュートリアル

インテル® VTune™ Amplifier XE 製品には、サンプルコードを使用して次の使い方を説明するいくつかのチュートリアルが含まれています。

  • アプリケーションが実行時間を費やしている場所を特定し、最も時間のかかるプログラム単位を検出し、そして相互の呼び出し関係を理解します。
  • 並列性を損ねるロックとウェイトを特定します。
  • データのフォルスシェア、キャッシュミス、分岐予測ミスなどアプリケーション中のハードウェアに関連する問題を特定します。

インテル® VTune™ Amplifier for Systems 製品には、次の使い方を示すハンズオン・チュートリアルが含まれています。

  • 組込み Linux* システム上で Advanced Hotspots Analysts (高度なホットスポット解析) をリモートで行い、Linux* もしくは Windows* ホスト上で収集されたデータを表示するための設定と実行方法を説明します。
  • Android* システム上で Basic Hotspots Analysts (基本ホットスポット解析) をリモートで行い、Linux* もしくは Windows* ホスト上で収集されたデータを表示するための設定と実行方法を説明します。

関連記事

インテル® Parallel Studio XE スイート
インテル® System Studio スイート

ソフトウェア EULA (英語)

ドキュメント

ユーザーおよびリファレンス・ガイド

ドキュメントをブラウズ (英語)

インストール・ガイド

新機能とリリースノート

インテル® VTune™ Amplifier XE のソフトウェア要件、サポートされる OS 情報、新機能、そして既知の問題などが含まれます。

以前のバージョンや日本語ドキュメントについては、こちらをご覧ください。


ソフトウェア EULA (英語)

FAQ

よくある問い合わせ

  1. “Basic Hotspots” と “Andvanced Hotspots” の違いはなんですか?

  2. インテル製ではない互換プロセッサーを搭載するシステムにインテル® VTune™ Amplifier XE をインストールして使用することはできますか?

  3. 再コンパイルする必要はありますか?

  4. インテル® VTune™ Amplifier XE を利用するにはインテル® コンパイラーを使用する必要がありますか?

  5. リモートシステム上でパフォーマンス解析を実行できますか?

  6. リモートデータ収集を行うには、複数の製品ライセンスが必要ですか?

  7. ソースコードを表示できないのはなぜですか?

  8. “Advanced Hotspots” や “Advanced Analysis” を使用してハードウェア収集を行う場合、root 権限が必要ですか?

  9. インテル® VTune™ Amplifier XE を使用するには、どのファイルとディレクトリーにアクセスする権限が必要ですか?

  10. 結果をインポートできないのはなぜですか?

  11. 検索ディレクトリーのパスを追加しましたが、何も変わりません。

  12. サンプリング数が正しくないように見えるのはなぜですか?

  13. インテル® VTune™ Amplifier XE を使用して、ディスク I/O に費やされている時間を調査できますか?

サンプルコード

インテル® VTune™ Amplifier XE のサンプルコードをインストールしてセットアップするには、

  1. 製品のインストール先から圧縮ファイルをシステムの書き込み可能なフォルダーにコピーします。
  2. ファイルを展開します。

注意

  • サンプルを実行した結果が常に同じになるとは限りません。実際の画面は、本チュートリアルで示されている画面とは異なることがあります。
  • サンプルは、インテル® VTune™ Amplifier XE の機能を説明するためだけに設計されており、任意のコードをチューニングするベストプラクティス示すものではありません。結果は、解析の性質と適用されるコードによって変わります。

製品に付属のサンプル :

サンプル: tachyon_find_hotspots
概要: 2D レイトレーシングを通してグラフィック・イメージのレンダリングを行います。
場所: <install_dir>\samples\<locale>\C++\tachyon_vtune_amp_xe.zip
内容: C++ アプリケーションのホットスポットとなる関数とコード行を特定します。
パフォーマンスの問題: 非適切なアルゴリズムの選択、非効率な並列処理。
関連するチュートリアル: ホットスポットを特定 (インテル® VTune™ Amplifier XE、インテル® VTune™ Amplifier XE for Systems)
サンプル: tachyon_analyze_locks
概要: 2D レイトレーシングを通してグラフィック・イメージのレンダリングを行います。
場所: <install_dir>\samples\<locale>\C++\tachyon_vtune_amp_xe.zip
内容: C++ アプリケーションの効率良い並列性を損ねるロックを特定します。
パフォーマンスの問題: ロックとウェイト。
関連するチュートリアル: ロックとウェイトを解析 (インテル® VTune™ Amplifier XE)
サンプル: matrix
概要: 行列変換を計算します。
場所: <install_dir>\samples\<locale>\C++\matrix_vtune_amp_xe.zip
内容: ホストシステムとインテル® Xeon Phi™ コプロセッサー (開発コード名: Knights Corner) 上の C++ アプリケーションのハードウェアの問題を特定します。
パフォーマンスの問題: 低い CPI レート、キャッシュミス、リタイアのストール、実行ストールなど。
関連するチュートリアル: インテル® Xeon Phi™ コプロセッサーのハードウェアの問題を特定しホットスポットを検出 (インテル® VTune™ Amplifier XE)
サンプル: nqueens_parallel
概要: さまざまなボードサイズで Nqueen の問題を解決します。
場所: <install_dir>\samples\<locale>\Fortran\nqueens_parallel.zip
内容: Fortran アプリケーションの一般的なハードウェアの問題を特定します。
パフォーマンスの問題: スレッドの衝突、非効率な並列性。
関連するチュートリアル: ホットスポットを特定 (インテル® VTune™ Amplifier XE)
サンプル: serial_nqueens_csharp と parallel_nqueens_csharp
概要: 与えられたボードサイズで、nQueeen 問題を解決するいくつかのソリューションを計算します。
場所: <install_dir>\samples\<locale>\C#\serial_nqueens_csharp.zip
内容: Microsoft* Visual C#* アプリケーションのホットスポットを特定します。
サンプル: jitprofiling
概要: API を使用してアプリケーションをインストルメントする例
場所: <install_dir>\samples\<locale>\C++\jitprofiling_vtune_amp_xe.zip
内容: JIT プロファイル API を使用する。この API は、独自のコンパイラーを利用するユーザーやオン・ザ・フライで生成されるコードに役立ちます。