インテルが推進するディープラーニング・フレームワーク

同カテゴリーの次の記事

インテル® Distribution for Python* におけるより高速な乱数生成

この記事は、インテルの The Parallel Universe Magazine 27 号に収録されている、インテルが推進するディープラーニング・フレームワークに関する章を抜粋翻訳したものです。

人工知能 (AI) は、本来は人の知能が必要な、視覚的理解、音声認識、言語処理、意思決定のようなタスクを実行することができる知能機械 (コンピューター) の概念であり、コンピューターの登場以来、次の大きな挑戦であると考えられています。

マシンラーニングは、いくつかの重要な AI タスクを実行するのに非常に有効であることが分かっています。人工ニューラル・ネットワーク (ANN) は、哺乳類の大脳皮質の神経細胞構造の数学モデルであり、その遠大な設計とさまざまなタスクに対する汎用性により、特に AI 向きであると考えられていました。ANN の強みは、隠れた過渡状態 (隠れたノード) を学習して保守する能力にあります。この能力により、いくつかの非線形関数をカスケードして、入力から目的の出力まで、広い範囲のマップを学習することが可能です。

学習済みの ANN では、隠れた層は階層的な段階でデータの内部的な抽象化を表します。深い層ほど、より高いレベルの抽象化を表します。哺乳類の脳は複数の階層的な処理層で情報を処理すると考えられていま す (例えば、霊長類の視覚システムでは、処理が連続した段階で行われ、エッジ検出からプリミティブ形状検出を経て、徐々により複雑な視覚形状に移動します)。1 したがって、AI 研究には多層の「深い」ANN が望まれます。

深いカスケードされた層を備え複数の連続した段階でデータを処理するネットワークは、一般に「ディープ・ネットワーク」と呼ばれます。サポート・ベクトル・マシン (SVM)、混合正規分布 (MoG)、k 近傍法 (kNN)、主成分分析 (PCA)、カーネル密度推定 (KDE) のような、最も広く利用されているマシンラーニング・アルゴリズムには、3 つを超える処理層は含まれていません。したがって、これらは「浅い」アーキテクチャーと見なすことができます。2 層から 3 層の ANN は、うまくトレーニングすることができます。20 世紀の終わりに、より深い ANN をトレーニングするいくつかの試みが行われましたが、次の 2 つの問題に直面したことで失敗に終わりました。

  1. 勾配消失問題
  2. 多層化による重みの増加から生じる過学習

コンピューティングの進歩とともに、研究者は短時間に膨大なデータサンプルを使用してマシンラーニング・アルゴリズムのトレーニングを行うことが可能になり、過学習問題はほぼ解決しました。畳み込みニューラル・ネットワーク (CNN) は、多層型のディープ・ネットワークですが、重み共有の概念により (同等の深さの全結合 ANN よりも) 小さな多くの重みを含んでいます。このため、CNN は ANN よりもはるかに容易にトレーニングを行うことができます。CNN の理論的なパフォーマンスは ANN にはわずかに及びませんが、教師あり画像認識タスクでは最も普及している手法です。2006 年のジェフリー・ヒントン教授などによる画期的な提案2 のおかげで、ディープ・ビリーフ・ネットワーク (DBN) やディープ・オート・エンコーダーのようなディープ・ネットワークの手法は教師なし学習にも利用されています。

一般に、ディープ・ネットワークは、分類、 回帰、画像認識、自然言語処理などのほとんどの AI 関連タスクで、ほかのマシンラーニング・アルゴリズムよりも高いパフォーマンスを示します。ディープ・ネットワークの大いなる成功は、特徴階層の自律学習によるものです。

ディープラーニングと従来の統計的学習手法の大きな違いは、前者はローデータを学習するのに対して、後者はデータの人間工学的特徴を学習する点です。DNN 学習の初期レベルで、ディープ・ネットワークは、指定されたタスクに適した特徴を自律的に生成します。目的関数に基づく最適化プロセスが、指定されたオリジナルデータを用いてすべての学習タスクを行うため、学習プロセスから推測や人間による判断の偏りが取り除かれます。

深い階層構造により、特徴の階層的な学習 (ネットワークの前のレベルで学習した低いレベルの特徴に基づいて、深いレベルではより高いレベルの特徴を学習する) が可能になります。

図 1 は、入力画像が徐々にディープ・ネットワークのより高いレベルの表現に変換される様子を示しています。ネットワークの深くに移動するごとに、画像はより抽象的な表現になります。例えば、特徴の階層的な学習は、初期の層から深い層へ、エッジ、形状、オブジェクトの一部、完全なオブジェクト、シーンの順で行われます。しかし、実際には、すべてを学習することなく、これらの階層的な抽象化層の「正しい」特徴ベクトルを推測することは困難です。これは、人間工学的特徴を学習する際に問題となります。一般に、深いネットワークでは、出力層は非常に高レベルの特徴を処理して、浅いネットワークよりもはるかに高いレベルの概念を学習できるようにします。


図 1. 入力画像を徐々に変換してより高いレベルの表現にするディープ・ネットワーク処理
Source: Yoshua Bengio, Learning Deep Architectures for AI, 2009

さまざまなディープラーニングの手法が開発者、データ・サイエンティスト、研究者の標準ツールになったように、ディープ・ネットワークのトレーニングとスコア付けを支援するため、多くのディープラーニング・フレームワーク (Caffe*、Tensorflow*、Theano*、Torch など) およびライブラリー (MatConvNet、CNTK、Pylearn2、Deeplearning4j) が開発されています。これらのフレームワークとライブラリーは、退屈で単純な作業を減らすのに大いに役立ちます。ユーザーは、個々のコンポーネントの実装ではなく、ディープラーニングのさまざまな面に労力をかけることができます。

関連記事

  • インテル Parallel Universe 27 号日本語版の公開インテル Parallel Universe 27 号日本語版の公開 インテル Parallel Universe マガジンの最新号が公開されました。この号では、20 周年を迎える OpenMP* について取り上げます。また、新しいインテル® AVX-512 命令セットにより以前は不可能だったベクトル化を行う方法について紹介します。新しいインテル® Advisor […]
  • インテル Parallel Universe 28 号日本語版の公開インテル Parallel Universe 28 号日本語版の公開 インテル Parallel Universe マガジンの最新号が公開されました。この号では、次の C++ 標準 (C++17) で実装される Parallel Standard Template Library (PSTL) の概要とその使用法を示すサンプルコードを紹介します。また、誕生から 20 周年を迎えた […]
  • ハイブリッド並列処理: 並列分散メモリーと共有メモリー・コンピューティングハイブリッド並列処理: 並列分散メモリーと共有メモリー・コンピューティング この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Hybrid Parallelism: Parallel Distributed Memory and Shared Memory Computing」の日本語参考訳です。 この記事の PDF […]
  • インテルが提供するディープラーニング・フレームワークインテルが提供するディープラーニング・フレームワーク この記事は、Tech.Decoded に公開されている「Intel-Powered Deep Learning Frameworks」の日本語参考訳です。 この記事の PDF 版はこちらからご利用になれます。 さらなる洞察を提供 インテル コーポレーション、マシンラーニング & […]
  • BigDL: Apache Spark* 上の最適化されたディープラーニングBigDL: Apache Spark* 上の最適化されたディープラーニング この記事は、インテルの The Parallel Universe Magazine 28 号に収録されている、オープンソースの分散型ディープラーニング・フレームワークでディープラーニングの普及を促進する取り組みを紹介した章を抜粋翻訳したものです。 人工知能 (AI) […]