チューニング・ガイドとパフォーマンス解析

同カテゴリーの次の記事

インテル® HD グラフィックスとインテル® Iris™ グラフィックスを使用するアプリケーションの解析

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Tuning Guides and Performance Analysis Papers」の日本語参考訳です。


インテル® VTune™ Amplifier XE チューニング・ガイド

このチューニング・ガイドは、インテル® VTune™ Amplifier XE を使用して一般的なソフトウェアのパフォーマンスの問題を特定する方法を説明し、最適化の推奨事項を提供します。
下記のダウンロード資料は、順次日本語版を提供していく予定です。

インテル® マイクロアーキテクチャー向け
チューニング・ガイド
カバーされるプロセッサー
開発コード名 Skylake-X 第 1 世代インテル® Xeon® スケーラブル・
プロセッサー・ファミリー
開発コード名 Knights Landing インテル® Xeon Phi™ プロセッサー
開発コード名 Broadwell-E*
(サーバー向け)
インテル® Xeon プロセッサー E5 v4 ファミリー
開発コード名 Skylake 第 6 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
開発コード名 Broadwell (英語) 第 5 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
開発コード名 Haswell-E*
(サーバー向け) (英語)
インテル® Xeon® プロセッサー E5 v3 ファミリー
開発コード名 Ivy Bridge-E*
(サーバー向け) (英語)
インテル® Xeon® プロセッサー E5/E7 v2 ファミリー
開発コード名 Haswell 第 4 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
インテル® メニー・インテグレーテッド・
コア・アーキテクチャー (英語)
インテル® Xeon Phi™ コプロセッサー
開発コード名 Sandy Bridge-EP/EX/EN
(サーバー向け) (英語)
インテル® Xeon® プロセッサー E5 ファミリー
開発コード名 Ivy Bridge (英語) 第 3 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
開発コード名 Sandy Bridge (英語) 第 2 世代インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
開発コード名 Nehalem (英語) 以前の世代のインテル® Core™ i7 プロセッサーと
インテル® Xeon® プロセッサー 5500

このホワイトペーパー、「マイクロアーキテクチャーの問題のトップダウン特性を使用してアプリケーションをチューニングする」は、どのチューニングガイドにも役立ちます。

「インテル® VTune™ Amplifier XE の General Exploration (一般解析) がどのように動作するかを理解する」で、テクノロジーとメカニズムの背景、およびこの解析に関連する詳細な情報をご覧ください。

その他のプロセッサー固有の資料:

イベントを含むマイクロアーキテクチャーの詳細、イベントカウンターのプログラミング、およびソフトウェアの最適化リファレンス・マニュアルについては、『Intel® 64 and IA-32 Architectures Software Developer Manuals』 (英語) をご覧ください。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事