ベータ版インテル® oneAPI ツールキット

複数のアーキテクチャーにわたって、多様なワークロードに対し、妥協のないパフォーマンスをもたらします。

最新バージョン: インテル® oneAPI ツールキット Beta09
ダウンロード (英語) と最新情報 [英語 | 日本語]

統一された標準化ベースのプログラミング・モデル

現代のワークロードの多様性から、単一のアーキテクチャーではすべてのワークロードに対応するのは困難になっており、アーキテクチャーも多様化しています。必要とするパフォーマンスを達成するには、CPU、GPU、AI、およびその他のアクセラレーターに配置されたスカラー、ベクトル、行列、および空間 (SVMS) アーキテクチャーの組み合わせが求められます。

インテル® oneAPI 製品は、アプリケーションとソリューションを SVMS アーキテクチャーに展開する開発ツールを提供します。補完ツールキット (ベースキットとアドオン) は、プログラミングを簡素化し、効率と革新を促進します。


インテル® oneAPI 発表会の基調講演
インテル® oneAPI 製品概要日本語版
インテル® oneAPI プログラミング・ガイド日本語版

主な機能

直接プログラミング向けのデータ並列 C++ 言語

データ並列 C++ (DPC++) は SYCL* を取り込んだ C++ の進化版です。DPC++ は、ターゲットのハードウェア全体でコードを再利用でき、CPU、GPU、および FPGA アーキテクチャーで高い生産性とパフォーマンスを実現し、アクセラレーター固有のチューニングを可能にします。

API ベースのプログラミング向けライブラリー

ディープラーニング、数学、ビデオおよびメディア処理を含む強力なライブラリーは、ドメイン固有の機能に対して事前に最適化され、計算量の多いワークロードを高速化するようにコードがカスタマイズされています。

高度な解析とデバッグツール

  • インテル® VTune™ プロファイラーにより、CPU、GPU、および FPGA システムのパフォーマンス・ボトルネックを迅速に検出
  • インテル® Advisor により、効率良いベクトル化、スレッド化、およびアクセラレーターへのオフロードを支援
  • GDB により効率良くコードの問題を解決

CUDA* ソースコードの移行

インテル® oneAPI 互換性ツールは、CUDA* コードを標準ベースの DPC++ コードに移行する移行エンジンです。

関連記事一覧

インテル® oneAPI ツールキットの詳細についてはこちら (英語) をご覧ください。


コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。