インテル Parallel Universe 43 号日本語版の公開

同カテゴリーの次の記事

インテル® oneAPI ポーティング・ガイド日本語版公開

parallel_v43

インテル Parallel Universe マガジンの最新号 (英語) が公開されました。

注目記事: データ並列 C++ を使用して 2 次元熱伝導方程式を解く

掲載記事

編集者からのメッセージ

2021 年が実り多き年になりますように


2021 年最初の The Parallel Universe へようこそ
oneAPI イニシアチブ (英語) は、v1.0 仕様 (英語) のリリース後も、業界と学界で引き続き高い評価を得ています。SC20 と oneAPI デベロッパー・サミットでは最新の情報を発表して、2020 年を締めくくりました (コンテンツはオンライン (英語) で利用できます)。oneAPI アプリケーション・カタログ (英語) では、200 社が開発した 240 のアプリケーションが公開されました。さまざまな業界およびアプリケーション・カテゴリーの oneAPI アプリケーションが掲載されています。大学および学生と oneAPI イニシアチブの結び付きを支援するインテル® Academic Program for oneAPI (英語) も開始されました。最後に、新しい書籍、『Data Parallel C++: Mastering DPC++ for Programming of Heterogeneous Systems Using C++ and SYCL (データ並列 C++: C++ と SYCL* を使用したヘテロジニアス・システムのプログラミングで DPC++ を使いこなす)』 (英語) が Apress から出版されました。The Parallel Universe の創刊者兼編集者であった James Reinders も共同執筆しています。James と言えば、ヘテロジニアス並列プログラミングに対する oneAPI アプローチを促進するためインテルに復帰したことを、この機会にお知らせします。

今号では、oneAPI の人気の高まりを受けて、科学計算アプリケーションの移植ケーススタディー、「データ並列 C++ を使用して 2 次元熱伝導方程式を解く」を注目記事として取り上げました。さらに、2 つのチュートリアル、「インテル® DPC++ 互換性ツールを使用した CUDA* から DPC++ への移行」と「GPU オフロードコードのメモリーとスレッドの正当性解析」が続きます。これらの 3 つの記事は、DPC++ プログラミングを始めるのに役立ちます。

次に、コードの現代化とハイパフォーマンス・コンピューティングの記事として、コンパイラー最適化レポートの活用と MPI アプリケーションのチューニングに関するシリーズ、「インテル® コンパイラーの最適化レポートを使用してチューニングの可能性を見つける」と「インテル® MPI ライブラリーを使用したクラスター全体の MPI チューニング」が続きます。これらの記事では、コードをほとんど変更することなくパフォーマンスを向上する簡単な方法を紹介します。

そして本号を締めくくるのは、データ解析アプリケーションのマシンラーニング・パフォーマンスの向上に関する 2 つの記事です。「マシンラーニング向け線形モデルの高速化」と「XGBoost と LightGBM 推論パフォーマンスの向上」では、Python* 向けインテル® ディストリビューションを使用してモデルのトレーニングと推論を最適化する方法を紹介します。この 2 つの記事はどちらも、データサイエンス向けのインテル® ソフトウェアを取り上げている、Medium – Intel Analytics Software (英語) で公開されている記事を再掲したものです。

コードの現代化、ビジュアル・コンピューティング、データセンターとクラウド・コンピューティング、データサイエンス、システムと IoT 開発、oneAPI を利用したヘテロジニアス並列コンピューティング向けのインテルのソリューションの詳細は、Tech.Decoded (英語) を参照してください。

関連記事