メタバースにおけるエンゲージメント、フォトリアリズム、オープン性

同カテゴリーの次の記事

インテル® oneAPI DPC++/C++ コンパイラー (dpcpp) でサポートされている SYCL* 2020 仕様の機能と DPC++ 言語拡張

この記事は、HPCwire に公開されている「Engagement, Photo-Realism, and Openness in the Metaverse」の日本語参考訳です。原文は更新される可能性があります。原文と翻訳文の内容が異なる場合は原文を優先してください。


技術分野と一般社会では、「メタバース」という用語の意味が異なります。広い意味において、メタバースの目標は、レイトレースされたフォトリアリスティックな社会的、専門的、および娯楽的なデジタル体験を共有し、コラボレーションを可能にすることです。この目標を達成する一方で、オープンなプラットフォームやシステム上で参加者がワークフローやソリューションを選択する能力を制限する、クローズド・ワークフロー (「ウォールドガーデン」) を回避する必要があります。

オープンスタンダード、オープンソース、オープンシステムを通じて、インテルやその他の業界リーダーは、誰もがそれぞれのニーズに最適なテクノロジー・ソリューションを選択する自由を提供します。インテル® Advanced Ray Tracing (インテル® ART) は、ベンダーの異なるコンピューティング・プラットフォームでさまざまな選択肢を提供するクロスアーキテクチャー・プログラミング・モデルを構築した oneAPI (英語) 業界イニシアチブと連携しています。このビジョンは、メタバース体験を構築するテクノロジーに活かされています。

メタバースに関する考え方はさまざまですが、その発展には多種多様なハードウェアおよびソフトウェア・テクノロジーの高い協調と柔軟性が必要です。これまで、共有体験、インタラクティビティー、フォトリアリスティック・レンダリングを通じて、エンゲージメントを高めてきました。フォトリアリズムの実現には、レイトレーシングが採用されていますが、このグラフィックス・テクノロジーは、光とサーフェス間の複雑な相互作用を計算する映画の視覚効果に広く使用されています。


インテル® Architecture Day 2021 のデモ ― Xe アーキテクチャー・ベースの次期 GPU 上のインテル® oneAPI レンダリング・ツールキット (Render Kit 7.04)

レイトレーシングは、映像効果を忠実に表現することで、自由な芸術的表現と専門的表現を可能にします。妥協のない自由な創造性とコラボレーションは、体験に最適な計算ツールを選択することで実現できます。その過程では、クローズドで、プロプライエタリーなソリューションが障害にならないことを確認する必要があります。

オープンスタンダードとオープンソースを支持するインテルは、目標達成に最適なテクノロジーの選択と組み合わせを可能にします。重要なステップには oneAPI が使用されます。oneAPI は、CPU、GPU、FPGA、および将来のアクセラレーター向けに、オープンで業界標準の、クロスアーキテクチャーなソフトウェア開発を可能にする業界仕様です。

インテル® Advanced Ray Tracing は、oneAPI 内のオープン仕様 (英語) であり、メタバース体験におけるレイトレーシング・テクノロジーの選択肢を提供します。さまざまな 3D グラフィックス用途向けにレイトレーシングと高い忠実度のレンダリングおよび計算ルーチンのセットが定義されています。

  • 映画やテレビのためのフォトリアリスティックな視覚効果
  • アニメーション・レンダリング
  • サイエンティフィック・ビジュアライゼーション
  • ハイパフォーマンス・コンピューティング (HPC)
  • ゲーム

高度なレイトレーシングの高品質な実装が可能です。例えば、インテル® Embree (Render Kit の主要コンポーネント) のレイトレーシング・ライブラリーは、映画芸術科学アカデミーから科学技術賞 (英語) を受賞しています。

「過去 10 年間、インテル® Embree レイトレーシング・ライブラリーは、広範な研究論文によって裏付けされた洗練されたオープンソース・コードを通じて、業界をリードするハイパフォーマンスな CPU ベースのレイジオメトリー交差フレームワークを提供してきました。インテル® Embree レイトレーシング・ライブラリーは、映画制作のレンダリングには欠かせないリソースとなっています。」

前述のように、フォトリアリスティックなメタバース体験を実現するには、ハードウェアとソフトウェア環境の協調が不可欠です。ベンダー固有のワークフローは、選択肢を制限するだけでなく、能力も制限します。例えば、ベンダー固有のワークフローによって、クリエーターが使用できるフォトリアリスティック・レイトレーシングのアプローチが限定される可能性があります。oneAPI とインテル® ART のオープンな機能は、どのベンダーも新しいテクノロジーをスタックに導入できるようにします。

インテルは、今後もクリエーターや開発者との積極的かつオープンなコラボレーションにより、さまざまなメタバース体験の構築に取り組んでいきます。oneAPI とインテル® ART は、協調的でオープンなメタバースに取り組むすべての人に開かれています。


『ペット2』― 製作: Illumination Entertainment & Universal Pictures

関連ウェビナー
XPU で高忠実度のビジュアル体験を作成: インテル® oneAPI レンダリング・ツールキットの概要
ウェビナーを見る (英語)

強力なサイエンティフィック・ビジュアライゼーション & フォトリアリスティック 3D デザイン
ウェビナーを見る (英語)

関連ポッドキャスト
災害管理と科学的発見の使命
ポッドキャストを聴く (英語)

関連記事
ヘテロジニアス・コンピューティング時代における忠実度優先のレイトレーシング
記事を読む (英語)

進むべき道: オープンで高度なレイトレーシング
記事を読む (英語)

ソフトウェアを入手
インテル® oneAPI ベース・ツールキット
ハイパフォーマンスなデータセントリックのアプリケーションを多様なアーキテクチャー向けに開発してデプロイするのに必要なツールとライブラリーの基本セットを提供します。

今すぐ入手 (英語)
すべてのツールを見る (英語)

関連記事