インテル® oneAPI ポーティング・ガイド日本語版公開

同カテゴリーの次の記事

DPC++ または OpenMP* オフロードを使用するヘテロジニアス・プログラムをデバッグするときの課題、ヒント、既知の問題

DPCPP または ICX へ移行する ICC ユーザー向けの『インテル® oneAPI ポーティング・ガイド』の日本語版を公開しました。

本ガイドは、インテル社の許可を得て iSUS (IA Software User Society) が作成した、https://software.intel.com/content/www/us/en/develop/articles/porting-guide-for-icc-users-to-dpcpp-or-icx.html (英語) で公開されている『Porting Guide for ICC Users to DPCPP or ICX』の日本語参考訳です。

本ガイドでは、新しい LLVM ベースのインテル® oneAPI DPC++ / C++ コンパイラー (dpcpp および icx) に移行するインテル® C++ コンパイラー・クラシック (icc/icl) ユーザー向けに情報と提案を提供します。

  • 用語
  • ICX に対する指針
  • コンパイラーのデフォルトに関する大きな変更
  • 重要な新しいオプション
  • コンパイラー・バージョン
  • 重要なコンパイラー・オプションの対応付け
  • プラグマのサポート
  • 事前定義マクロのサポート
  • ビルトイン関数
  • プリコンパイルされたヘッダーファイルのサポート
  • 診断オプションと診断メッセージ番号の変更
  • リンク、IPO、PGO に関する変更
  • 言語機能
  • 組込み関数の使用モデルに関する変更
  • インテル固有のプロセッサー・ターゲット・プラグマと関数のサポート
  • 浮動小数点結果の再現性の制御
  • ブルータスまたはバイセクション最適化のサポート
  • 付録:ICC/ICL クラシック・コンパイラーのオプション実装状況

関連記事