パフォーマンス・スナップショット

同カテゴリーの次の記事

実験による DirectX* マルチスレッド・レンダリング・パフォーマンスの理解

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Intel® VTune™ Profiler User Guide」の「Performance Snapshot」セクションの日本語参考訳です。


インテル® VTune™ プロファイラーは、さまざまなアプリケーション・タイプとパフォーマンスの側面を調査するためいくつかの解析タイプを提供します。パフォーマンス・スナップショットは、それらのイメージをキャプチャーし、アプリケーションの動作に関する概要を示します。

注:
これはプレビュー機能です。プレビュー機能は、正式リリースに含まれるかどうか未定です。皆さんが機能に対する有用性のフィードバックを送ることで、将来の採用決定の判断に役立ちます。プレビュー機能で収集されたデータは、将来のリリースで下位互換が提供される保証はありません。parallel.studio.support@intel.com または intelsystemstudio@intel.com へフィードバックをお送りください。

アプリケーションに影響する問題の概要を確認するには、パフォーマンス・スナップショットを使用します。この解析には、さらに詳しい解析を行うため次に行うべき解析タイプの推奨事項が含まれます。

  1. 解析ツリーから [パフォーマンス・スナップショット] 解析タイプを選択します。
  2. メモリー帯域幅に関する情報が重要である場合、このボックスをチェックして関連するデータを収集します。
  3. 解析を実行するには [開始] ボタンをクリックします。

    Performance Snapshot setup

    注:
    この設定でコマンドラインからパフォーマンス・スナップショットを実行する (英語) には、下部にある [コマンドライン] ボタンを使用します。

  4. データ収集が完了したら、[サマリー] タブで結果を確認します。
    • ここには、考慮すべき事項に関する情報セクションがあります。
    • セクションには、次善の値を示す赤いフラグ付きのサポートメトリックがリストされます。
    • 解析ツリーでは、次に実行すべき他の解析タイプがハイライト表示されます。

    Performance Snapshot - Summary of Results

関連情報
パフォーマンス解析
コマンドライン解析の実行
リファレンス
電力解析の実行 (英語)


製品とパフォーマンス情報

1 インテル® コンパイラーでは、インテル® マイクロプロセッサーに限定されない最適化に関して、他社製マイクロプロセッサー用に同等の最適化を行えないことがあります。これには、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 2、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3、インテル® ストリーミング SIMD 拡張命令 3 補足命令などの最適化が該当します。インテルは、他社製マイクロプロセッサーに関して、いかなる最適化の利用、機能、または効果も保証いたしません。本製品のマイクロプロセッサー依存の最適化は、インテル® マイクロプロセッサーでの使用を前提としています。インテル® マイクロアーキテクチャーに限定されない最適化のなかにも、インテル® マイクロプロセッサー用のものがあります。この注意事項で言及した命令セットの詳細については、該当する製品のユーザー・リファレンス・ガイドを参照してください。

注意事項の改訂 #20110804

関連記事