Unreal Engine* 4.19 の最適化にインテルのソフトウェア・エンジニアが協力

同カテゴリーの次の記事

プログラミング、リファクタリング、そしてすべてにおける究極の疑問: No. 9

この記事は、2018 年 6 月 8 日時点の、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Intel Software Engineers Assist with Unreal Engine* 4.19 Optimizations」の日本語参考訳です。


Epic* の Unreal Engine* 4.19 のリリースは、インテル® テクノロジー向けの最適化、特にマルチコア・プロセッサーの最適化の歴史に新しいページを刻みました。これまで、ゲームエンジンは、グラフィックス機能およびパフォーマンスの点から、伝統的にコンソールの設計よりも後回しにされていました。一般に、ほとんどのゲームは最新のプロセッサー向けに最適化されず、PC のパフォーマンスの多くはアイドル状態のまま活用されていませんでした。インテルは、開発者が Unreal Engine* 4 でワークを実行する際に、PC プラットフォームが提供するプロセッサーの計算能力をすべて利用し、ただちにゲームの性能を引き出せるように取り組みました。

Unreal Engine* バージョン 4.19 では、インテルの協力により、次の拡張が行われました。

  • ユーザーが利用しているプロセッサーと一致するようにワーカースレッドの数を増加。
  • クロス (布) フィジックス・システムのスループットを向上。
  • インテル® VTune™ Amplifier の統合をサポート。

Unreal Engine* ユーザーは、これらの拡張により、インテル® アーキテクチャーを活用して、マルチコアシステムの能力を引き出すことができます。クロスフィジックス、動的破壊、プロセッサー・パーティクルなどのシステム、およびインテル® VTune™ Amplifier やインテル® C++ コンパイラーなどのインテル® ソフトウェア開発ツールとの操作性の強化はすべて利点です。この記事では、重要な向上点について詳細に説明した後、開発者が次の PC タイトルで Unreal Engine* を考慮すべき理由を述べます。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事