インテル® VTune™ Amplifier のプラットフォーム・プロファイラーを使用したワークロードとシステムの特徴付け

同カテゴリーの次の記事

マルチプロセッサーでフォルス・シェアリングを検出し軽減する

このセッションは、Tech.Decoded で公開されている「Tune Workloads & System Configurations — New Low-Overhead, Long-Duration Profiling」(https://techdecoded.intel.io/essentials/tune-workloads-system-configurations-new-low-overhead-long-duration-profiling/) の日本語版です。


使用中のシステム構成とワークロードにおいて、チューニングが必要なワークロードや、異なるシステム構成で得られる利点について考え、身近なパフォーマンス解析ツールによる改善を試みたことがあると思います。

ただし、使用する解析ツールが、アプリケーションの短時間における実行結果の詳細な分析を目的にデザインされている場合、膨大な量のデータに圧倒されることがあります。そこで最初に必要なのは、システム全体の総合的な評価です。インテル® VTune™ Amplifier のプラットフォーム・プロファイラーは、システム全体を総合的に評価できる便利な機能を提供します。

このコースでは、インテル® VTune™ Amplifier のプラットフォーム・プロファイラーによる長時間におよぶシステムの詳細な解析の概要や、システム構成の問題やワークロードを特定する低オーバーヘッドのメトリクスの収集方法を、実際のユースケースをもとにしたデモとともにご紹介します。

オンライン・トレーニング

※システム要件の詳細については、こちらのページをご覧ください。

関連情報

インテル® VTune™ Amplifier に関する情報は、インテル® VTune™ Amplifier 紹介ページ をご覧ください。
インテル® Parallel Studio XE に関する情報は、インテル® Parallel Studio XE 紹介ページ をご覧ください。

関連記事