インテル® Advisor

ベクトル化、スレッド化のプロトタイプを作成し、パフォーマンス向上を支援

  • コードのベクトル化とスレッド化は、パフォーマンス向上の鍵となります
  • 簡単なワークフロー、データ、ヒントで、さらに高速化
  • 優先順位付け、プロトタイプ作成、そしてパフォーマンスの向上を予測

関連記事

サポート

ようこそ!! このサポートページでは、トレーニング、ドキュメント、よくある問い合わせ、サンプルコードなどを含む豊富なサポートリソースを提供します。インテル® Advisor は、スレッド化の設計とプロトタイプ化ツールであり、インテル® Parallel Studio XE スイートに含まれるコンポーネントです。情報の多くは一般的ですが、特定のトピックもカバーされています。

インテル® ソフトウェア開発製品には年間の技術サポートが含まれています。技術サポートを利用するためには、製品をご購入いただいた後、製品登録およびユーザー登録が必要です。製品を登録されると、無料のソフトウェア・アップデートと 1 年間のサポートが提供されます。サポートサービスでアップデート・サービスとサポートを延長できます。


学ぶ:

  • トレーニング – さまざまなレベルの導入ガイド、ビデオ、チュートリアル、オンライン・トレーニングおよび技術記事から学習できます。
  • ドキュメント – ユーザーおよびリファレンス・マニュアル、新機能、リリースノート。
  • FAQ – 製品に関するよくある問い合わせの質疑応答集
  • サンプルコード – 製品に含まれるそれぞれのツールの機能に関する実際のサンプルコードから学ぶことができます。

サポートが必要な場合:

トレーニング

導入ガイド:

高度な内容:

  • チュートリアル: インテル® Advisor を使い始める方法。アプリケーションに適用できる、エンドツーエンドのワークフローを説明します。
  • 詳しいビデオ: 詳しいビデオでは専門家向けの使い方を説明します。

オンライン・トレーニング::

インテル® Advisor 機能の詳細を説明、過去のトレーニングを見る。

高度な内容:

  • チュートリアル: インテル® VTune™ Amplifier XE を使い始める方法。チュートリアルでは、アプリケーションに適用できる、エンドツーエンドのワークフローを説明します。
  • 詳しいビデオ: 高度なビデオでは専門家向けの使い方を説明します。

関連記事:


導入ビデオ


詳しいビデオ


チュートリアル

以下のチュートリアルは、インテル® Advisor XE の簡単な使い方手順を示します。インテル® Advisor XE チュートリアル・ページ (英語) で入手できます。チュートリアルでは、アプリケーションに適用できる、エンドツーエンドのワークフローを説明します。

入手可能なアプリケーションのサンプルの詳細については、サンプルコードタブをご覧ください。


過去のオンライン・トレーニング


関連記事

ドキュメント

ユーザーおよびリファレンス・ガイド

ドキュメントをブラウズ (英語)

新機能とリリースノート

インテル® Advisor のソフトウェア要件、サポートされる OS 情報、新機能、そして既知の問題などが含まれます。

以前のバージョンや日本語ドキュメントについては、こちらをご覧ください。


ソフトウェア EULA (英語)

FAQ

よくある問い合わせ

  1. インテル® Advisor は、どのように Fortran、C そして C++ (ネイティブ/マネージド) アプリケーションが、今日のプロセッサーのパフォーマンス上の利点を最大限に活用するのを支援してくれますか?

  2. インテル® Advisor を開始するには?

  3. インテル® Advisor のサポートとフィードバックはどのように行われますか?

ベクトル化アドバイザー

  1. ベクトル化アドバイザーは、シリアルとマルチスレッド・バイナリーの両方を実行できますか?

  2. ベクトル化アドバイザーを使用するにはアノテーションは必須ですか?

  3. ベクトル化アドバイザーの実行時間を減らすにはどうしたらいいですか?

  4. ベクトル化アドバイザーは、どのようにサーベイ、ループ回数、そしてメモリー・アクセス・パターン (MAP) 解析の結果をファイルレベルで関連付けるのですか?

  5. ベクトル化に関するさらに詳しい情報はどこにありますか?

スレッド化アドバイザー

  1. スレッド化アドバイザーは、シリアルとマルチスレッド・バイナリーで実行できますか?

  2. スレッド化アドバイザーを使用するにはアノテーションは必須ですか?

インテル® Advisor (ベクトル化アドバイザーとスレッド化アドバイザーの両方)

  1. コマンドラインでインテル® Advisor を実行するにはどうすればいいですか?

  2. インテル® Advisor でMPI アプリケーションを実行するにはどうすればいいですか?

  3. インテル® Advisor の結果はどのように保存できますか?

サンプルコード

インテル® Advisor は、学習向けにいくつかのサンプルプログラムをインストールします。 Linux* システム上のデフォルトのインストール先:

/opt/intel/advisor_xe_2015/samples/en

各ディレクトリーには、それぞれの言語向けのサブディレクトリーがあります。

/opt/intel/advisor_xe_2015/samples/en/C++ (Linux* 上の C++ サンプル)
/opt/intel/advisor_xe_2015/samples/en/Fortran (Linux* 上の Fortran サンプル)

各サブディレクトリーには、それぞれのサンプルの圧縮ファイル (.tgz) が格納されます。圧縮ファイルを書き込み可能なディレクトリーにコピーして展開します。Linux* システムでは、サブディレクトリーには makefile が含まれています。

C/C++ サンプルの並列バージョンでは、並列フレームワークのサポートが必要になります (インテル® Parallel Studio XE に含まれます)。Fortran のサンプルを利用するには、インテル® Fortran コンパイラー (インテル® Parallel Studio XE に含まれます) が必要です。

サンプルコードには次の命名規則が適用されます。

  • プログラムをビルドする makfeile があります。
  • プロジェクト名は、サンプルの名前で始まり、次のサフィックスを持ちます。

サンプルプログラムの形式

サフィックス

オリジナルのシリアルプログラム

_serial

stats_serial

並列サイトとタスク・アノテーションを持ったシリアルプログラム。ロック・アノテーションと再構造化のアドバイスがコメントで表示されます。

_annotated

stats_annotated

インテル® スレッディング・ビルディング・ブロック (インテル® TBB) の並列フレームワークを使用した並列バージョン。インテル® TBB 3.0 以降を利用できます。この場合、次のいずれかを行います。

  • インテル® C++ コンパイラーと Select Build Components メソッドを使用します。
  • TBBROOT 環境変数をリリースノートに示される内容に設定します。

_tbb

stats_tbb

インテル® Cilk™ Plus の並列フレームワークを使用した並列バージョン。このプロジェクトを使用するには、インテル® C++ コンパイラーもしくはほかのインテル® Cilk™ Plus キーワード (インテル® Cilk™ Plus のヘルプをご覧ください) をサポートするコンパイラーを使用する必要があります。

_cilk

stats_cilk

C/C++ および Fortran 向けの OpenMP* 並列フレームワークを使用する並列バージョン。

_omp

stats_omp

注: nqueens_Advisor、nqueens (Fortran)、そして tachyon_Advisor のサンプルは、C/C++ または Fortran のインテル® Advisor 導入ガイドに示すように、プロジェクト名に数値のプリフィックスを使用しています。例えば、サーベイツール向けのシリアルサンプルでは、アノテーション注釈のコメントを解除する必要がある名称は、1_nqueens_serial となります。