コードを GPU にオフロードする

同カテゴリーの次の記事

ターゲット GPU での C++ アプリケーションのスピードアップを予測

このセッションは、Tech.Decoded で公開されている「Offload Your Code from CPU to GPU … and Optimize It」の日本語版です。


ボトルネックの特定と排除は、すべての開発者が避けて通れない課題です。アプリケーションを新しいプラットフォームに移行する場合、例えば CPU から GPU へ移行する場合、この作業はさらに複雑になります。その場合、開発者はボトルネックを特定するだけでなく、まずオフロードにより利点が得られるコード領域を特定する必要があります。

インテル® oneAPI ベース・ツールキットに含まれるインテル® Advisor の GPU 向けの新しい機能は、ボトルネックの特定だけでなく、オフロードにより利点が得られるコード領域の特定を支援します。

パート 1 では、oneAPI とインテル® Advisor の概要、インテル® oneAPI ベース・ツールキットに含まれる新しいインテル® Advisor の GPU サポートについて説明します。

パート 2 では、インテル® Advisor を実際に操作しながら、オフロードのモデル化、GPU ルーフライン、およびフローグラフ・アナライザー機能を使用してオフロード領域を特定し、ボトルネックを特定して排除する方法を説明します。

オンライン・トレーニング

※システム要件の詳細については、こちらのページをご覧ください。

関連情報

インテル® Advisor が同梱されるインテル® oneAPI ツールキットに関する情報は、インテル® oneAPI ツールキット紹介ページをご覧ください。

関連記事