インテル® AVX-512 ハードウェアを使用することなくインテル® AVX-512 を最適化する (全 2 回)

同カテゴリーの次の記事

インテル® Advisor 2017 ツールによるベクトル化のクイック解析

【コース後半も公開開始!】このセッションは、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Optimize for AVX-512 with or without AVX-512 hardware」の日本語版です。


インテル® Xeon Phi™ プロセッサー (Knights Landing) や、今後登場するインテル® Xeon® プロセッサーなど、ますます複雑化する現代、および次世代のハードウェアを最大限に活用するには、ソフトウェアが効率良くスレッド化およびベクトル化されていることが求められます。

本セッションは、2 部構成とっており、インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 512 (インテル® AVX-512) のハードウェアを使用することなく、インテル® AVX-512 ソフトウェアを最適化する方法をご紹介します。

  • パート 1 では、ベクトル化の背景と効率の良いベクトル化を支援するツール「インテル® Advisor 2017」の機能について説明します。
  • パート 2 では、AVX-512 の概要についてお話した後、インテル® Advisor 2017 が AVX-512 とそれ以前の命令セットの両方を使用するソフトウェアの最適化に、どのように役立つかを紹介します。

オンライン・トレーニング


関連情報

インテル® AVX-512 に関する情報は、「インテル命令セット・アーキテクチャー拡張」ページの「インテル® AVX」タグ をご覧ください。

関連記事