キャッシュを考慮したルーフライン解析を使用してベクトル化とメモリーの最適化を詳しく調査する

同カテゴリーの次の記事

インテル® Advisor を利用したガイド付きコードのベクトル化

このセッションは、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Fast Insights to Optimized Vectorization and Memory Using Cache-aware Roofline Analysis」の日本語版です。


完璧なベクトル化およびスレッド化がおこなれている場合でも、開発者は、CPU、ベクトル、スレッドの利用率と、メモリー・サブシステムのデーター・ボトルネックのバランスを調整する必要があります。

この Webinar で紹介されている「ルーフライン・モデル」を使うことで、アプリケーションのパフォーマンスの問題にどのように適切に対象するかを直観的に理解できます。

本コースでは、まず、ルーフライン・モデルとは何かを説明し、その後、インテル® Advisor によるルーフライン解析、ケーススタディー、そして、現在の最新バージョンおよび次期バージョンの新機能をご紹介します。

オンライン・トレーニング

※Google Chrome では文字化けする場合があります。システム要件の詳細については、こちらのページをご覧ください。

関連情報

インテル® Advisor に関する情報は、インテル® Advisor 紹介ページ をご覧ください。

関連記事