インテル® Media SDK およびインテル® SDK for OpenCL* Applications のドライバーサポート

同カテゴリーの次の記事

インテル® コンピューター・ビジョン SDK - 概要

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Driver Support Matrix for Intel® Media SDK and OpenCL™」の日本語参考訳です。


この記事の PDF 版はこちらからご利用になれます。

開発者は、インテル® Media SDK およびインテル® SDK for OpenCL* Applications を利用してインテル® プロセッサー・グラフィックス GPU の機能を利用することができます。この記事では、ソフトウェア、ドライバー、ハードウェア・レイヤーの詳細を説明します。

デリバリーモデル

2 つの異なるパッケージ/デリバリーモデルがあります。

  1. Windows® クライアント: これらの SDK を使用して記述されたアプリケーションを実行するために必要なすべてのコンポーネントは、インテル® グラフィックス・ドライバーとともに配布されます。これらのコンポーネントは、インテル® Media SDK およびインテル® SDK for OpenCL* Applications のインストールとは別に更新されます。ドライバーは個別にリリースされ、通常は最新のドライバーに更新することが奨励されます。インテル® ドライバー・アップデート・ユーティリティー を使用して、システムのグラフィックス・ドライバーを最新に保つか、downloadcenter.intel.com (英語) から手動でダウンロードします。システムにインストールされているドライバーのバージョンを確認するには、システム解析ツールを使用します。
  2. Linux* および Windows Server®: インテル® Media Server Studio は、両方の SDK を含む統合ソフトウェア・ツール・スイートで、各リリースで検証された特定バージョンのドライバーが含まれます。

ドライバーブランチ

ドライバー開発は、次の表に示すように、特定のハードウェア世代をカバーするブランチを持っています。通常のパターンでは、ブランチは 2 つの最新アーキテクチャー (N および N-1) のみカバーします。つまり、最新のブランチ以外に、各アーキテクチャーにつき 2 つのドライバーブランチがあることになります。インテルでは、最新のブランチを使用することを推奨しています。問題が見つかった場合、新しいブランチのほうが修正されている可能性があります。最新のブランチには最も多くの開発リソースが割り当てられ、最も頻繁に更新されます。古いブランチ/アーキテクチャーは、リソースの割り当てや更新の頻度が少なくなります。

ドライバーのサポート
プロセッサー・
アーキテクチャー
インテル®
インテグレーテッド・
グラフィックス
Windows® Linux*

第 3 世代インテル®
Core™ プロセッサー

第 4 世代インテル®
Core™ プロセッサー

(開発コード名:
Ivybridge/Haswell)

レガシーのみ、
ダウンロード可能だが
更新終了

開発コード名:
Ivybridge –
第 7 世代
グラフィックス

開発コード名:
Haswell –
第 7.5 世代
グラフィックス

15.33

オペレーティング・
システム:

クライアント:
Windows®
7、8、8.1、10

サーバー: Windows
Server® 2012 R2

16.3 (インテル®
Media Server
Studio 2015 R1)

オペレーティング・
システム:

Ubuntu* 12.04、
SLES 11.3

第 4 世代インテル®
Core™ プロセッサー

第 5 世代インテル®
Core™ プロセッサー

(開発コード名:
Haswell/Broadwell)

レガシー

開発コード名:
Haswell –
第 7.5 世代
グラフィックス

開発コード名:
Broadwell –
第 8 世代
グラフィックス

15.36

オペレーティング・
システム:

クライアント:
Windows®
7、8、8.1、10

サーバー: Windows
Server® 2012 R2

16.4 (インテル®
Media Server
Studio 2015/2016)

オペレーティング・
システム:

CentOS* 7.1

Linux* カーネル:
3.14.5

第 5 世代インテル®
Core™ プロセッサー

第 6 世代インテル®
Core™ プロセッサー

(開発コード名:
Broadwell/Skylake)

最新リリース

開発コード名:
Broadwell –
第 8 世代
グラフィックス

開発コード名:
Skylake –
第 9 世代
グラフィックス

15.40 (開発コード名:
Broadwell/Skylake
インテル® Media
Server Studio
2017)

15.45 (開発コード名:
Skylake 以降、
クライアント)

オペレーティング・
システム:

クライアント:
Windows®
7、8、8.1、10

サーバー: Windows
Server® 2012 R2

16.5 (インテル®
Media Server
Studio 2017)

オペレーティング・
システム:

CentOS* 7.2

Linux* カーネル:
4.4.0

Windows® クライアントに関する注意: 多くの OEM は、独自の追加検証を加えた固有のドライバーを提供しています。インストール中に警告が表示された場合は、マシンでサポートされているドライバーを OEM に確認してください。

ハードウェア詳細

開発コード名: Ivybridge (IVB) – 22nm 製造プロセス・テクノロジーおよび第 7 世代グラフィックス・アーキテクチャーをベースとした第 3 世代インテル® Core™ プロセッサーです。

開発コード名: Ivybridge

第 7 世代グラフィックス

第 3 世代インテル® Core™ プロセッサー

GT2: インテル® HD グラフィックス 2500

GT2: インテル® HD グラフィックス 4000

開発コード名: Haswell (HSW) – 22nm 製造プロセス・テクノロジーおよび第 7.5 世代グラフィックス・アーキテクチャーをベースとした第 4 世代インテル® Core™ プロセッサーです。GT2 (20 実行ユニット)、GT3 (40 実行ユニット)、および GT3e (40 実行ユニット + 高速セカンダリー・キャッシュを提供する eDRAM を搭載) の複数のグラフィックス・バージョンがあります。

開発コード名: Haswell

第 7.5 世代グラフィックス

第 4 世代インテル® Core™ プロセッサー

GT2: インテル® HD グラフィックス 4200

GT2: インテル® HD グラフィックス 4400

GT2: インテル® HD グラフィックス 4600

GT3: インテル® Iris™ グラフィックス 5000

GT3: インテル® Iris™ グラフィックス 5100

GT3e: インテル® Iris™ Pro グラフィックス 5200

開発コード名: Broadwell (BDW) – Haswell アーキテクチャーをシュリンクした 14nm 製造プロセス・テクノロジーおよび第 8 世代グラフィックス・アーキテクチャーをベースとした第 5 世代インテル® Core™ プロセッサーです。GT2 (24 実行ユニット)、GT3 (48 実行ユニット)、および GT3e (48 実行ユニット + 高速セカンダリー・キャッシュを提供する eDRAM を搭載) の複数のグラフィックス・バージョンがあります。

開発コード名: Broadwell

第 8 世代グラフィックス

第 5 世代インテル® Core™ プロセッサー

GT2: インテル® HD グラフィックス 5500

GT2: インテル® HD グラフィックス 5600

GT2: インテル® HD グラフィックス 5700

GT3: インテル® Iris™ グラフィックス 6100

GT3e: インテル® Iris™ Pro グラフィックス 6200

開発コード名: Skylake (SKL) – 14nm 製造プロセス・テクノロジーおよび第 9 世代グラフィックス・アーキテクチャーをベースとした第 6 世代インテル® Core™ プロセッサーです。GT1 (12 実行ユニット)、GT2 (24 実行ユニット)、GT3 (48 実行ユニット)、および GT3e (48 実行ユニット + eDRAM)、GT4e (72 実行ユニット + 高速セカンダリー・キャッシュを提供する eDRAM を搭載) の複数のグラフィックス・バージョンがあります。

開発コード名: Skylake

第 9 世代グラフィックス

第 6 世代インテル® Core™ プロセッサー

GT1: インテル® HD グラフィックス 510 (12 実行ユニット)

GT2: インテル® HD グラフィックス 520 (24 実行ユニット、1050MHz)

GT2: インテル® HD グラフィックス 530 (24 実行ユニット、1150MHz)

GT3e: インテル® Iris™ グラフィックス 540 (48 実行ユニット、1050MHz、64MB eDRAM)

GT3e: インテル® Iris™ グラフィックス 550 (48 実行ユニット、1100MHz、64MB eDRAM)

GT4e: インテル® Iris™ Pro グラフィックス 580 (72 実行ユニット、1050MHz、128MB eDRAM)

GT4e: インテル® Iris™ Pro グラフィックス p580 (72 実行ユニット、1100MHz、128MB eDRAM)

詳細は、以下のサイト (英語) を参照してください。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

Microsoft、Windows、および Windows Server は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
OpenCL および OpenCL ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の使用許諾を受けて使用しています。
* その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

関連記事