OpenCL* によるゴッドレイの HDR レンダリング

同カテゴリーの次の記事

Microsoft* DirectX* 12 におけるリソースバインドの紹介

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「HDR Rendering with God Rays Using OpenCL™ Technology」(https://software.intel.com/en-us/vcsource/samples/hdr-rendering) の日本語参考訳です。


ダウンロード:
Windows* 用サンプルコード
https://software.intel.com/sites/default/files/managed/02/95/intel_ocl_god_rays.zip
Linux* 用サンプルコード
https://software.intel.com/sites/default/files/managed/10/c9/godrays-sample.tar.gz
ドキュメント
https://software.intel.com/file/293767/download

機能/説明

このサンプルは、CPU 向けに最適化されたゴッドレイ効果の実装方法を示します。以下のトピックが含まれます。

  • OpenCL* と C99 による計算カーネルの実装
  • 複数のワークグループを並列に実行することでカーネルを並列化
  • ホストと OpenCL* デバイス間のデータ転送の制御

サポートするデバイス: CPU、インテル® プロセッサー・グラフィックス

サポートする OS: Windows*、Linux*

難易度:

システム要件については、サンプルのリリースノート (http://software.intel.com/en-us/articles/intel-sdk-for-opencl-applications-samples-getting-started/) を参照してください。

サンプルに関する詳細は、サンプルパッケージに含まれるユーザーズガイドを参照してください。

OpenCL および OpenCL ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の使用許諾を受けて使用しています。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事