インテル® Fortran コンパイラー・クラシック 2021.1 およびベータ版インテル® Fortran コンパイラー導入ガイド

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Get Started with the Intel® Fortran Compiler Classic 2021.1 and Intel® Fortran Compiler (Beta)」の日本語参考訳です。


バージョン: 2021.1 (最終更新日: 2020 年 12 月 22 日)

インテル® Fortran コンパイラー・クラシック 2021.1 およびベータ版インテル® Fortran コンパイラーは、最新の Fortran 言語標準をサポートし、インテル® 64 および IA-32 アーキテクチャーでアプリケーションを高速に実行するための最適化を提供します。インテル® Xeon® プロセッサーおよび互換プロセッサーで増え続けるコア数とベクトルレジスター幅を利用して、さらに高速に実行できる最適化されたコードを生成します。優れた最適化と SIMD (Single Instruction Multiple Data) ベクトル化、インテル® パフォーマンス・ライブラリーとの統合、最新の OpenMP* 5.0 並列プログラミング・モデルにより、アプリケーション・パフォーマンスを大幅に向上します。

コンパイラーは、コマンドラインまたは Microsoft* Visual Studio* から使用できます。


macOS* は ifx コンパイラーではサポートされていません。


32 ビット・ターゲットのサポートは ifort では廃止予定であり、将来のリリースで削除される可能性があります。ifx は 32 ビット・ターゲットをサポートしていません。

ベータ版インテル® Fortran コンパイラーの使用

ベータ版インテル® Fortran コンパイラー (ifx) は、インテル® Fortran コンパイラー・クラシック 2021.1 (ifort) のフロントエンドとランタイム・ライブラリーをベースに、LLVM バックエンド・テクノロジーを使用した新しいコンパイラーです。現時点では、ifx は Fortran 95 言語、ほとんどの OpenMP* 4.5 ディレクティブ、およびオフロード機能をサポートしています。ifx はバイナリー (.o、.obj) およびモジュール (.mod) ファイルで互換性があります。ifort で生成されたバイナリーやライブラリーは、ifx でビルドされたバイナリーやライブラリーとリンクすることができ、一方のコンパイラーで生成された .mod ファイルは、もう一方のコンパイラーで使用できます。どちらのコンパイラーも ifort ランタイム・ライブラリーを使用します。ifx は、ifort でサポートされていない GPU オフロードに興味があるユーザー向けにベータ版としてリリースされています。その他のユーザーは、引き続き ifort を使用してください。

fp-model fast および fp-model fast=2 オプションは、ifxifort で動作が異なります。ifort では、浮動小数点の比較は IEEE 浮動小数点規格に従い、生成されるコードシーケンスは比較が NaN を含むことができると仮定します。ifx は NaN オペランドのチェックを生成しません。ifx-fp-model fast または -fp-model fast=2 を使用し、NaN 比較の動作を ifort と同じにする場合、コマンドラインに -assume nan_compare オプションを追加します。

関連情報

ドキュメント 説明
インテル® Fortran コンパイラー・クラシック 2021.1 およびベータ版インテル® Fortran コンパイラー・デベロッパー・ガイドおよびリファレンス (英語) デベロッパー・ガイドおよびリファレンスには、次の情報が含まれます。
  • コマンドライン、Microsoft* Visual Studio*Xcode*または Eclipse* CDT からコンパイラーを使用する方法
  • 最新のコンパイラー・テクノロジーとアーキテクチャーのサポート
  • オプション、プログラム構造、クラス、数学ライブラリーなどのコンパイラー・リファレンス・マニュアル
サンプルコード (英語)

インテル® Fortran コンパイラーのチュートリアル (英語)

最新のサンプルコードと製品サポートの情報を入手できます。特定のコンパイラーの最適化、機能、ツール、プログラミングの概念を学ぶことができます。
インテル® Fortran コンパイラー・クラシック 2021.1 およびベータ版インテル® Fortran コンパイラー・リリースノート 製品のインストール、新機能および変更された機能、製品ドキュメントには記載されていない問題に関する情報が得られます。
インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている英語版のリリースノートはこちら (英語) を参照してください。
インテル® ソフトウェア・ドキュメント・ライブラリー (英語) インテル® デベロッパー・ゾーンにあるソフトウェア製品のドキュメントを参照できます。
その他のヘルプ 環境を設定した後、コマンドラインで ifort -help または man ifort を入力するとコンパイラー・オプションの一般的なヘルプにアクセスできます。

次のステップ

Windows* での導入ステップ
Linux* での導入ステップ
macOS* での導入ステップ (英語)

法務上の注意書き

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

* その他の社名、製品名などは、一般に各社の表示、商標または登録商標です。

Microsoft および Windows は、米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

© Intel Corporation.

本ソフトウェアおよび関連ドキュメントは、インテルが著作権を有する著作物であり、その使用には付随する明示的なライセンス (「ライセンス」) が適用されます。ライセンスに明記されている場合を除き、インテルから事前に書面による許可なしに、ソフトウェアまたは関連ドキュメントを使用、改変、複製、公開、配布、開示、転送してはなりません。

本ソフトウェアおよび関連ドキュメントは現状のまま提供され、ライセンスに明記されている場合を除き、明示されているか否かにかかわらず、いかなる保証もいたしません。

製品とパフォーマンス情報

1実際の性能は利用法、構成、その他の要因によって異なります。詳細については、www.Intel.com/PerformanceIndex (英語) を参照してください。

関連記事

  • Parallel Universe マガジンParallel Universe マガジン Parallel Universe へようこそ。 米国インテル社が四半期に一度オンラインで公開しているオンラインマガジンです。インテルの技術者によるテクノロジーの解説や、最新ツールの紹介など、並列化に関する記事を毎号掲載しています。第1号からのバックナンバーを PDF 形式で用意しました、ぜひご覧ください。 12 […]
  • 新しい最適化レポートを使用してインテル® コンパイラーをさらに活用する新しい最適化レポートを使用してインテル® コンパイラーをさらに活用する この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Getting the Most out of your Intel® Compiler with the New Optimization […]
  • #pragma SIMD を使用してループをベクトル化するための条件#pragma SIMD を使用してループをベクトル化するための条件 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Requirements for Vectorizing Loops with #pragma SIMD」の日本語参考訳です。 インテル® アーキテクチャー上でパフォーマンスを向上するにはループのベクトル化が重要であり、SIMD […]
  • インテル® Parallel Debugger Extensionインテル® Parallel Debugger Extension この記事は、インテル® ソフトウェア・ネットワークに掲載されている「Intel® Parallel Debugger Extension」の日本語参考訳です。 はじめに この記事では、インテル® Parallel Studio 2011、インテル® Parallel Studio XE 2011、インテル® […]
  • インテル® MKL におけるインテル® AVX2 向け最適化インテル® MKL におけるインテル® AVX2 向け最適化 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Intel® AVX2 optimization in Intel® MKL」の日本語参考訳です。 第 4 世代インテル® Core™ プロセッサー (開発コード名: Haswell) は、2013 年にリリースされた新しい世代の x86 […]