銀行業務にパブリッククラウドが欠かせない 5 つの理由

同カテゴリーの次の記事

SYCL* 2020 仕様 (リビジョン 3) ドラフトの日本語版を公開

この記事は、Intel IT Peer Network で公開されている「Five Reasons Why Public Cloud is Critical for Banking」の日本語参考訳です。


2020年、金融機関は多くの課題に直面しました。与信取引の激増、インターネット・バンキングへの早急な対応、個人消費の混乱、リスクの高いオンライン取引の増加などにより、COVID-19 は銀行業務の大部分を一変させました。銀行の IT プラットフォームの耐障害性、拡張性、弾力性が根本的に問われました。最近の IDC の調査によると、これらの課題を乗り越えて「ニューノーマル」を達成したと回答した銀行は 20% に満たないという結果が出ています。1

こうした変化する需要に対応し、将来の不安定さに備えるため、銀行はデジタル・トランスフォーメーション (DX) を加速させており、IT への支出は今後も増加すると考えられます。その鍵となるのは、銀行の中核的な IT リソースとしてパブリッククラウドの導入が進むことです。IT 予算に占めるパブリッククラウドへの支出の割合は、2018 年から 2020 年にかけて約 2 倍に増加しており1、多くの銀行は、すでにワークロードを Google Cloud* のようなプラットフォームに移行し、Temenos* のようなクラウドネイティブな銀行ソフトウェアのスペシャリストと提携して、銀行サービス全体をクラウド化し、卓越した顧客体験を実現しています。2021 年には、銀行は戦術的なソリューションを超えて、ビジネス・インテリジェンス、リスク管理、コンプライアンスなどの機能をパブリッククラウドに導入するようになるでしょう。

銀行がパブリッククラウドに投資すべき理由

以下は、銀行がパブリッククラウドに投資し、統合すべき理由の上位 5 つです。

回復力と復元力

銀行業務におけるパブリッククラウドの最も重要なメリットは、停電や災害の発生時に、サービスや主要業務の中断を最小限に抑えて柔軟に復旧できることです。銀行の IT 部門では、Google Cloud* の Anthos のようなパブリック・クラウド・サービスを採用しており、必要な場所でワークロードを実行し、オンプレミスのデータセンターとクラウドにまたがって管理できます。

企業のワークロードを柔軟に実行

パブリッククラウドは、ビジネス・ワークロードの実行方法に大きな弾力性と柔軟性をもたらします。インテル® テクノロジーを採用した Google Cloud* を利用すれば、オンプレミスのリソースを構築することなく、Salesforce* や SAP HANA* などの主要なビジネス・ワークロードを、必要な場所でクラウド上で実行できます。

AI と高度なアナリティクス

推論やマシンラーニング (ML) などの人工知能 (AI) プロセスにより、銀行は不正行為の検知などの機能を自動化したり、顧客への「次善の行動」を自動で提供して、IT 運用の高速化と効率化を実現しています。第 2 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを搭載した Google Cloud* インスタンス C2、N2、M2 は、AI ワークロードのスピードを大幅に向上させ、全体的なコスト削減に貢献します。N2 のユーザーは、2021 年夏に第 3 世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーに自動的にアップグレードして、ワークロードに対するメリットをすぐに実感できます。

効率性と生産性

ワークロードをパブリック・クラウド・プラットフォームに移行することで、タスクの自動化が可能になり、タスクの実行に必要なスタッフを削減できます。また、リスク・アセスメントのシミュレーションなどのタスク向けに大規模な計算リソースを迅速に初期化し、必要に応じて簡単にシャットダウンできます。さらに、Day 2 運用では、Google Cloud* の Anthos* を使って最新の CI/CD パイプライン、イメージベースの管理、希望する状態の構成に切り替えることで、VM や物理サーバーのメンテナンス、パッチ適用、更新にかかる労力とコストを削減できます。

データ・セキュリティーの向上

ミッション・クリティカルな業務をパブリッククラウドに移行することで、データのプライバシーに不安を感じる銀行もあります。しかし、Google Cloud* のセキュリティーが考慮されたインフラストラクチャーとインテル® テクノロジーは、ハードウェア・レベルでセキュリティー対策が施されています。実際、パブリッククラウドに移行した銀行の多くは、セキュリティーの向上を主なメリットとして挙げています。

インテル® テクノロジー、Google Cloud*、Temenos* を利用してイノベーション

銀行の競争力は、顧客の体験や業務効率を向上させるイノベーションによってもたらされます。DX のプロセスを加速させることができる銀行とそうでない銀行の間には、すでに格差が生じています。その分かれ目となるのは、回復力と俊敏性のある IT インフラストラクチャーを構築して保守できるかどうかです。

Anthos* のインテル® Select ソリューション・テクノロジーは、オンプレミスのデータセンターとパブリッククラウドの両方でアプリケーションを実行できます。Temenos* のクラウド・バンキング・ソリューションと組み合わせることで、銀行は取引業務、支払い、窓口業務のソリューションをどこでも実行することができ、レガシー・アプリケーションとクラウド・ネイティブ・アプリケーションの両方に一貫したプラットフォームを活用することができます。パブリック・クラウド・ソリューション・プロバイダーとの提携により、顧客の金融ニーズに応えるため、より多くのリソースを集中させることが可能になります。

Google Cloud* の Anthos 向けインテル® Select ソリューションの詳細はこちら (英語) を参照してください。

Temenos* がどのように銀行の変革を支援しているかを紹介したこちらの記事 (英語) も参照してください。

詳細とサポートについては、http://intel.com/fsi (英語) を参照してください。


1 Accelerating Transformation in 2021 Banking, IDC (英語)

インテル® テクノロジーの機能と利点はシステム構成によって異なり、対応するハードウェアやソフトウェア、またはサービスの有効化が必要となる場合があります。
絶対的なセキュリティーを提供できる製品またはコンポーネントはありません。
実際の費用と結果は異なる場合があります。

関連記事