金融向けサービス

同カテゴリーの次の記事

ケーススタディー: インテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンションを使用したブラック-ショールズの計算

このページではインテル® ハイパフォーマンス金融系ソフトウェア・コミュニティーで公開されている記事や参考資料へのリンクをまとめています。このページは、「Financial Services」 (http://software.intel.com/en-us/financial-services) の参考訳をもとにしています。


インテル® ハイパフォーマンス金融系ソフトウェア・コミュニティーでは、技術情報、ツール、エンジニアによるサポートを提供しています。インテルの豊富な知識や経験、リソース、テクノロジーを利用して、目指すパフォーマンスを達成する方法を習得し、IT インフラストラクチャーへの投資を最大限に活用してください。

マルチコア対応アプリケーションの開発をマスターする鍵

インテルが提供する新しい「マルチスレッド・アプリケーション開発のためのガイド」でスキルアップ
マルチコア向けにコードを記述する際、最良のパフォーマンスを目指しますが、壁にぶつかることもあるでしょう。エキスパートから最新の開発情報や最適化のヒントを得てください。

マルチスレッド・アプリケーション開発のためのガイド」をご覧ください。

このガイドの 1 章と 2 章ではアプリケーションのスレッド化と同期のテクニックに焦点を当てています。これらの記事にはサンプルも含まれ、パフォーマンスの測定方法、依存性を排除する方法、スレッドの代わりにタスクを使用する方法、同期による影響を軽減する方法などを説明します。以下は、ガイドの内容の一部です。

  • ループの最適化によるデータの並列パフォーマンスの強化—同期を最小限に抑えるテクニックによりループを変更し、効率良く簡単に並列化できます (ループ融合、ループ交換、ループアンロールなど)。
  • ロードバランスと並列パフォーマンス一般的なメモリーや I/O の落とし穴を避けて、すべてのスレッドにワークロードを均等に割り当てることで最適なロードバランスを達成します。
  • ロック競合の管理: 大小のクリティカル・セクション 効率良い並列コードはクリティカル・セクションのスレッド・パフォーマンスのバランスをとり、他のスレッドのアイドル時間を管理します。クリティカル・セクションのサイズの概念を理解し、大小のクリティカル・セクションを使い分ける方法を習得してください。

3 章ではマルチコア向けの多様なメモリー管理アプローチについて、第 4 章では並列プログラミングを合理化する最新のプログラミング・ツールを紹介しています。

 

関連記事一覧


コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事