インテル Parallel Universe 29 号日本語版の公開

同カテゴリーの次の記事

インテル® Parallel Studio XE 2018 に含まれるインテル® C++ コンパイラー 18.0 for Windows* リリースノート

parallel_v28

インテル Parallel Universe マガジンの最新号が公開されました。この号では、インテル® System Studio のツールが提供する組込みシステムやコネクテッド・デバイス開発者向けの統合開発環境で、自動運転ソリューションを例に、ビルド、デバッグ、パフォーマンスや消費電力のチューニングを行う方法を紹介します。

このほかにも、最新のプログラミング・ツールを利用して実際のアプリケーションをベクトル化する方法、インテル® IPP を利用してデータ圧縮を高速化する方法、データ・サイエンティストにとって重要な MySQL データベースのパフォーマンスを大幅に向上する方法、そして R のデータ解析アプリケーションでインテル® DAAL を活用する方法を説明します。

また、Julia 言語と機能の概要、および Livermore Computing の CTO であり、OpenMP* 言語委員会の現在の委員長である Bronis R. de Supinski 氏から寄せられた OpenMP* の概念と発展、およびその将来についての見解も紹介します。

  • インテル® System Studio による自動運転のチューニング
  • OpenMP* 20 周年
  • Julia: スーパーコンピューティング向け高水準言語
  • ベクトル化が再び重要に
  • クラウドおよびエッジ・アプリケーション向けの高速データ圧縮コードのビルド
  • インテル® C++ コンパイラーによる MySQL* の最適化
  • インテル® DAAL による R の線形回帰の高速化

関連記事