メディアとビデオ処理のアクセラレーション: どのツールを使用すべきか?

同カテゴリーの次の記事

インテル® Xeon Phi™ プロセッサー向けプログラミング特集

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Accelerating Media & Video Processing: Which Tool Do I Use?」の日本語参考訳です。


インテルは、メディア・アプリケーションの革新と最適化、360 度全視界と仮想現実を含む没入型ビデオ、グラフィックス、視覚的認識の統合などを含む多くの優れたソフトウェア開発ツールを提供しています。しかし、特定のニーズや用途に適した開発ツールを探すのが困難なこともあります。

ここでは、斬新な競争力のある製品やソリューションの構築、メディア・アプリケーションのパフォーマンスと先端デバイスからクラウドまでのビデオ・ストリーミング品質の改善、さらに HEVC などの効率良いフォーマット変換を可能にするメディアとビデオ・ソリューション向けの適切なインテル® ソフトウェア・ツールを素早く入手するための情報を紹介します。

メディア処理、ビデオ処理、コンピューター・ビジョン・
ソリューションの高速化: どのツールを使うべきか?


インテル® Media SDK – 無料

以下の開発向け:

  • インテル® Core™ プロセッサーまたはインテル® Core™ M プロセッサー
  • インテル® クイック・シンク・ビデオをサポートするインテル® HD グラフィックスを搭載するインテル® Celeron® プロセッサー、インテル® Pentium® プロセッサー、そしてインテル® Atom™ プロセッサーの SKU を選択
  • クライアント、モバイルまたは組込みデバイス – デスクトップやモバイル向けのメディア・アプリケーション
  • OS – Windows® および組込み Linux*
  • オープンソース・バージョンは、Github* において MIT ライセンスで利用可能

用途とニーズ

  • 高速ビデオ再生、エンコードおよびメディア処理、メディア・フォーマット変換、またはテレビ会議
  • RAW ビデオやイメージの高速処理
  • スクリーン・キャプチャー
  • オーディオデコード/エンコードのサポート
  • ドローン、携帯電話、エディター/プレイヤー、ネットワーク・ビデオ・レコーダー、ネットワーク接続された自動車などのスマートカメラ
  • HEVC、AVC、MPEG-2 およびオーディオコーデックのサポート

インテル® Media Server Studio

3 つのエディションが用意されています。

  • Community (無料)
  • Essentials
  • Professional

以下の開発向け:

サポートするフォーマット – HEVC、AVC、MPEG-2 および MPEG-Audio

用途とニーズ

  • 高密度で高速なビデオデコード、エンコード、トランスコード
  • メディア/GPU パイプラインにパフォーマンスを最適化
  • 強化されたグラフィックスのプログラミングや視覚的な解析 (OpenCL* を使用するアプリケーション向け)
  • エンコードの品質を低レベルで制御
  • デバッグ、解析、およびパフォーマンス/品質の最適化ツール
  • リアルタイム 4K HEVC への高速な移行
  • ビデオ品質の測定する必要性 (ビデオ品質キャリパー)
  • エンタープライズ品質のテレシネ・インターレース・リザーバー (プレミアム・テレシネ・インターレース・リザーバー)
  • オーディオコーデック
  • スクリーン・キャプチャー

インテル® SDK for OpenCL* Applications – 無料

以下の開発向け:

一部のインテル® プロセッサー上での汎用 GPU アクセラレーション (技術仕様をご覧ください)。OpenCL* は主に実行ユニットをターゲットとします。OpenCL* アプリケーションが、インテル固有のハードウェア・ブロックにアクセスできるよう、インテル® プロセッサー向けの拡張機能が追加されています。


インテル® Computer Vision SDK (英語) – 無料

コンピューター・ビジョン向けのソリューションを高速化:

  • インテルのコンピューター・ビジョン・アクセラレーターのパフォーマンスを容易に活用
  • ワークロード・パイプラインにカスタムカーネルを追加
  • 直観的で使い易い Vision Algorithm Designer を使用して、OpenVX* ワークロード・グラフを作成

インテル® FPGA 開発ツール (旧アルテラ FPGA)
(旧アルテラ) ビデオ & イメージ処理スイート MegaCore® ファンクション (インテル® Quartus® Prime 開発ソフトウェアの IP Catalog に含まれる)

以下の開発向け:

  • すべてのインテル® FPGA (旧アルテラ FPGA) ファミリー
  • ビデオ監視、放送、テレビ会議、医療および軍事映像、車載ディスプレイなどのビデオとイメージ処理アプリケーション

用途とニーズ

  • FPGA デバイス向けのハードウェア・ビット・ストリームの設計、シミュレーション、検証
  • デインターレース、カラー空間変換、アルファ・ブレンディング、スケーリングなどに最適化されたビルディング・ブロック

インテル® Video Pro Analyzer

サポートするフォーマット– HEVC、VP9、AVC および MPEG-2

用途とニーズ

  • HEVC、AVC、MPEG-2 または VP9 デコーダーやエンコーダー、ストリーム解析向けの開発
  • 時間とリソースの節約に注目する場合
  • コード化パイプラインをファイン・チューニング
  • デコードとエンコードプロセスの完全な検査、エンコーダーのデバッグと最適化
  • ビデオ品質の測定と改善 (ビデオ品質キャリパー)
  • 詳細なビデオストリーム統計へのアクセス
  • HDR カラーサポートによる UHD の革新

インテル® Stress Bitstreams and Encoder

サポートするフォーマット/プロファイル – HEVC、VP9、AVS 2.0

用途とニーズ

  • HEVC/VP9デコーダー、トランスコーダー、プレイヤー、およびストリーミング・ソリューション向けの大規模なエンタープライズ品質、製品スケールのメディアの検証とデバッグが可能
  • HEVC または VP9 デコーダーの開発、デコード結果の検証
  • テスト評価サイクルを短縮し、コストを削減して、いち早く市場に投入
  • テスト用にカスタム・ビットストリームを作成し、カバレッジと利用効率向けにストリーム・ベースを最適化
  • デコーダーが標準化に準拠し、最高のパフォーマンスで動作し、堅牢でエラー耐性があることを保証

OpenCL および OpenCL ロゴは、Apple Inc. の商標であり、Khronos の使用許諾を受けて使用しています。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事