アプリケーションのビルド

同カテゴリーの次の記事

独自のラッパー・ライブラリーのビルド

この記事は、インテル® MKL リファレンス・マニュアルの項目「インテル® マス・カーネル・ライブラリーの FFTW3 インターフェイス」の一部です。

通常、オリジナルの FFTW ライブラリーの代わりに FFTW3 ラッパーを使用してアプリケーションをビルドする場合、リンク段階でインテル® マス・カーネル・ライブラリー (インテル® MKL) を追加するだけで済みます (『インテル® MKL ユーザーズガイド』の「アプリケーションとインテル® マス・カーネル・ライブラリーのリンク」セクションを参照)

アプリケーションを再コンパイルする際、FFTW3 バージョンとの競合を回避するため、ヘッダーファイルの検索パスにサブディレクトリー include\fftw を追加します。

場合によっては、次の推奨事項に従ってアプリケーションを変更する必要があります。

  • アプリケーションには次のファイルをインクルードする必要があります。

    #include “fftw3.h”

    これは、すでにインクルードされているかもしれません。

  • アプリケーションに次のファイルをインクルードする必要はありません。

    #include “mkl_dfti.h”

  • アプリケーションに次のファイルをインクルードする必要はありません。

    #include “fftw3_mkl.h”

    これは、MKL_RODFT00 定数を使用する場合のみ必要です。

  • インテル® MKL への FFTW3 ラッパーは、FFTW3 の全機能を提供するわけではないため、プラン生成関数から返されるプランが NULL かどうかアプリケーションがチェックしていない場合、このチェックを実装する必要があります。

  • オリジナルの FFTW3 関数とは違い、ラッパーの実行関数はスレッドセーフではないため、マルチスレッド・アプリケーションの場合、共有プランには注意が必要です。fftw3_mkl.number_of_user_threads の設定に関する注意事項を参照してください。

関連記事

  • サマリー統計ライブラリーの概要サマリー統計ライブラリーの概要 この記事は、インテル® ソフトウェア・ネットワークに掲載されているブログ「Statistical Summary Library Overview」の日本語参考訳です。 統計的計算の精度とパフォーマンスが強化された最新のアルゴリズムを提供する、最適化された並列ライブラリーがインテル® MKL 10.3 […]
  • サンプルプログラムの実行サンプルプログラムの実行 この記事は、インテル® MKL リファレンス・マニュアルの項目「インテル® マス・カーネル・ライブラリーの FFTW3 インターフェイス」の一部です。 ラッパー・ライブラリーの使用法を示すさまざまなサンプルプログラムが提供されています。サンプルプログラムのソースコード、実行に使用される […]
  • 独自のラッパー・ライブラリーのビルド独自のラッパー・ライブラリーのビルド この記事は、インテル® MKL リファレンス・マニュアルの項目「インテル® マス・カーネル・ライブラリーの FFTW3 インターフェイス」の一部です。 インテル® マス・カーネル・ライブラリー (インテル® MKL) への FFTW3 ラッパーは、インテル® MKL […]
  • インテル® マス・カーネル・ライブラリーの FFTW3 インターフェイスインテル® マス・カーネル・ライブラリーの FFTW3 インターフェイス この記事は、インテル® MKL リファレンス・マニュアルの項目「FFTW3 Interface to Intel® Math Kernel Library」の日本語参考訳です。 この記事では、インテル® マス・カーネル・ライブラリー (インテル® MKL) の FFTW3 ラッパーについて説明します。このラッパーは、FFTW3 […]
  • HPL 向けアプリケーション・ノートHPL 向けアプリケーション・ノート この記事は、インテル® ソフトウェア・ネットワークに掲載されている「HPL application note」の日本語参考訳です。 ステップ 1 - 概要 このガイドは、現在 HPL を使用しているユーザーが、より優れたベンチマーク結果を得られるように、インテル® マス・カーネル・ライブラリー (インテル® MKL) の […]