ANSYS* によるシミュレーション・パフォーマンスのスケーリング

同カテゴリーの次の記事

インテル® MPI ライブラリー: Hadoop* エコシステムをサポート

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「ANSYS* Scales Simulation Performance」の日本語参考訳です。


シミュレーション・ベースの設計におけるスピードの重要性

工学シミュレーション・ソフトウェアにより、製品の設計過程が変わり、物理プロトタイプ作成の必要性が減少する一方、より多くのオプションを迅速にテストできるようになりました。ANSYS* ソフトウェアは、この変化において中心的な役割を果たし、現在 FORTUNE 500 の上位 100 社のうち 96 社が同製品を使用しています。

ANSYS* を利用する顧客は、より多くのパーツをより厳密にモデル化しテストできるように、さらに高速な計算パフォーマンスを求めています。また、追加の物理変数を統合したり、非線形材料や複合材料を試したり、より複雑でダイナミックな環境条件下で評価することで、各シミュレーションでさらに詳細な情報を得たいと考えています。一方で、厳しい開発期間に対する要件を満たすため、ほとんどの顧客にとって結果を迅速に得ることは最も重要です。シミュレーションのサイズと複雑さが増すのに伴い、計算プラットフォームのスピードと性能も向上させる必要があります。

ANSYS* ケーススタディーの PDF (英語)

より高いパフォーマンスを得るための Code Modernization (コード・モダニゼーション: コードの現代化)

インテル® Modern Code Developer Program は、豊富なリソース、洞察、協業機会を提供し、投資対効果を高めつつ、マルチレベルの並列化により次世代のパフォーマンスが得られるよう支援します。

詳細は、http://www.isus.jp/article/idz/modern-code/ を参照してください。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください

関連記事