クラウドおよびエッジ・アプリケーション向けデータ圧縮コードの高速化

同カテゴリーの次の記事

一般的な Linux* パッケージ・マネージャーを使用してインテル® パフォーマンス・ライブラリーとインテル® Distribution for Python* をインストールする

このセッションは、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Accelerating Lossless Data Compression Code for Cloud and Edge Applications」の日本語版です。


このセッションでは、クラウドおよびエッジ・アプリケーション向けデータ圧縮コードの高速化をご紹介します。
ここでは、インテル® ソフトウェア開発製品のインテル® インテグレーテッド・パフォーマンス・プリミティブ (インテル® IPP) ライブラリーを使用してコードを高速化します。

本コースは、2 つのトレーニング・ビデオにより構成されています。

パート 1 では、データ圧縮ライブラリーが含まれるインテル® IPP の概要をご説明し、最新バージョン 2018 の新機能を紹介します。 さらに、データ圧縮の使用例について、パフォーマンスと圧縮率のトレードオフに注目して解説します。 その後、インテル® IPP でサポートされる 4 つの圧縮関数 (zlib、LZ4、LZO、bzip2) のうち、zlib についてご紹介します。

パート 2 では、引き続き zlib について説明し、その後、残りの 3 つの圧縮関数 LZ4、LZO、bzip2 を紹介します。 最後に、アプリケーションに最適な圧縮アルゴリズムを選択する方法を、例を使って示します。

オンライン・トレーニング

※Google Chrome では文字化けする場合があります。システム要件の詳細については、こちらのページをご覧ください。

関連記事