インテル® C++ コンパイラーの次世代コード・ジェネレーターのドキュメント

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Documentation for Intel® C++ Compiler Next Generation Code Generator」の日本語参考訳です。


ドキュメント・ポータル

インテル® C++ コンパイラーの次世代コード・ジェネレーター

このページは、インテル® C++ コンパイラーの次世代コード・ジェネレーターに関するドキュメントの配布を目的としています。このページの情報は、バージョン 2019 と 2020 に適用されます。将来このページは公式ドキュメントへリダイレクトされます。便宜上、ここではインテル® C++ コンパイラーの次世代コード・ジェネレーターを「ICC NextGen」と呼び、従来の ICC コンパイラーを「ICC Classic」と呼びます。

移行ガイド

従来のコンパイラーの最適化とオプションに慣れ親しんでいる既存のインテル® C/C++ コンパイラー・ユーザー向けに『コンパイラー移行ガイド』が用意されています。

OpenMP* 4.5/5.0 TARGET オフロード

ベータ版インテル® oneAPI HPC ツールキットに含まれるインテル® C++ コンパイラーの次世代コード・ジェネレーターから OpenMP* 4.5/5.0 の TARGET 機能を使用したインテル® インテグレーテッド・グラフィックスへのオフロードに関する情報は、こちらを参照してください。


インテル® C++ コンパイラーの次世代コード・ジェネレーターは、次の製品で利用できます。

ベータ版インテル® oneAPI HPC ツールキット (icc -qnextgen)
ベータ版インテル® oneAPI ベース・ツールキット (インテル® DPC++ コンパイラー)

インテル® Parallel Studio XE 2019 Update 5 for Linux* (icc -qnextgen)

インテル® Parallel® Studio XE 2020 for Linux* (icc -qnextgen)
インテル® Parallel® Studio XE 2020 for Windows* (icc /Qnextgen)

必ずお読みください

本テクノロジーの使用に関する情報は、コンパイラーに同梱の使用許諾契約書 (EULA) をお読みください。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事