ベクトル化ツールキット

同カテゴリーの次の記事

インテルのベクトル化ツールキット: 1. 基準となるリリースビルドのパフォーマンスを測定する

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Vectorization Toolkit」の日本語参考訳です。


以下のツールキットは、アプリケーションをベクトル化してパフォーマンスを高める 6 つのステップを示しています。各ステップの詳細は、太字の項目をクリックするとご覧いただけます。

関連する情報

ウェビナーを見る ホワイトペーパー
を読む
サンプルコードを試す
(評価版をダウンロードしてください)
その他の情報

アプリケーションをベクトル化する 6 つのステップ

  1. 基準となるリリースビルドのパフォーマンスを計測する
  2. インテル® VTune™ Amplifier XE を使用してホットスポットを特定する
  3. インテル® コンパイラーのベクトル化レポートを使用してループの候補を決定する
  4. インテル® Advisor XE、インテル® コンパイラーの GAP レポートそしてツールキットのリソースを使用してアドバイスを得る
  5. GAP のアドバイスや他の提案を実装する
  6. 上記のステップを繰り返します。
    (パフォーマンスの目標が達成されるまで、もしくは最適化の候補がある間は)

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください

関連記事

  • プログラマーの生産性を高めるプログラマーの生産性を高める この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Making programmers more productive」の日本語参考訳です。 EMEA で開催された、今年のインテル® ソフトウェア・カンファレンスの 1 つのテーマは、プログラマーの生産性でした。4 […]
  • 2017 年秋のインテル® ソフトウェア製品技術ウェビナー2017 年秋のインテル® ソフトウェア製品技術ウェビナー インテル® VTune™ Amplifier と OpenMP* によりスレッドのパフォーマンスとスケーラビリティーを向上する 「スレッド」と「スケーラビリティー」は、単なるコーディングの流行語ではなく、エンタープライズ向けクラウド/ネットワークから HPC […]
  • 2016 年春のインテル® ソフトウェア製品技術ウェビナーシリーズ2016 年春のインテル® ソフトウェア製品技術ウェビナーシリーズ 無料のインテル® ソフトウェア製品技術ウェビナーシリーズ 2016 年春のインテル® ソフトウェア製品技術ウェビナーが開催されます。インテルのソフトウェア・エクスパートによるヒントやコツを、アプリケーション・パフォーマンスの向上とワークロードの合理化にお役立てください。3 月 16 […]
  • 将来に対応したコードの最適化によるソフトウェアの現代化将来に対応したコードの最適化によるソフトウェアの現代化 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Modernizing Software with Future-Proof Code Optimizations」の日本語参考訳です。 この記事の PDF 版はこちらからご利用になれます。 新しいインテル® Parallel Studio XE […]
  • インテル Parallel Universe 29 号日本語版の公開インテル Parallel Universe 29 号日本語版の公開 インテル Parallel Universe マガジンの最新号が公開されました。この号では、インテル® System Studio […]