オンプレミスとクラウドでの HPC パフォーマンス ― 準備はできていますか?

同カテゴリーの次の記事

NUMA 向けのアプリケーションの最適化

このセッションは、Tech.Decoded で公開されている「HPC Performance On-Premise and in the Cloud. Are You Ready?」の日本語版です。


パブリック・クラウド・プロバイダーは、クラウドで HPC ワークロードを実行するため、競争力のある環境を提供しようと取り組んでいます。プライベート・サーバーでは、クラウドで実行する場合、時間とコストを軽減し、最高のパフォーマンスを達成することが求められます。インテルではプロバイダー各社と協力して、クラウド環境で最高のパフォーマンスを引き出すには、インテルのツールが非常に有用であることを皆さんに知っていただけるよう努めています。

インテル® Parallel Studio XE には 3 つのエディションがあります。Composer Edition にはコンパイラーとライブラリー、Professional Edition にはそれらに加えて解析ツール、そして、Cluster Edition にはさらに追加で MPI ライブラリーとその他のクラスター・パフォーマンス・ツールとチェッカーが含まれます。 ニーズに応じて適切なエディションを選択できます。HPC ワークロードには、一般に Cluster Edition が使用されます。

本コースでは、コードの現代化にあたり、手間をかけずに利用できる最適化から手動のチューニング、そして検証から正当性のチェックまでカバーするワークフローについて、インテル® Parallel Studio XE スイートに含まれるツールを使用して分かりやすく説明します。

オンライン・トレーニング

※システム要件の詳細については、こちらのページをご覧ください。

関連情報

インテル® Parallel Studio XE および同梱されるツールに関する情報は、インテル® Parallel Studio XE 紹介ページ をご覧ください。

関連記事