CEDEC 2018 講演ビデオの紹介

2018 年 8 月 22 日から 24 日にパシフィコ横浜で CEDEC 2018 が開催されました。iSUS 編集部でもインテル® ソフトウェア開発製品を利用したゲーム・アプリケーションの開発に関連するセッションを提供することができました。

CEDEC での講演はなんと 8 年ぶり。前回の講演内容を振り返ってみると、「ベクトル化とマルチスレッド化をもっと活用しましょう」という内容でした。ODE/Newton、Havok、Bullet 物理ライブラリーなどに触れていたようです。

8 年ぶりにゲームの世界に戻ってみると、もう Unity と Unreal Engine がもうメインストリームといった感じでした。他の IT 系のセミナー、イベントとは参加者の雰囲気も全く異なり楽しいイベントでした。

iSUS では、8 月 23 日の朝のセッションで、下記の内容を紹介しました。25 分の短いセッションですが、ご興味のある方はビデオが公開されていますのでご覧ください。基本的に基本方針は 8 年前と同じ「ベクトル化とマルチスレッド化をもっと活用しましょう」 です。

※ 上記の動画は、CEDEC 2018 のセッションを収録したものです。

関連記事