インテル® Hardware Accelerated Execution Manager 1.0.6 (R3)

同カテゴリーの次の記事

Android* で顔検出を実装する

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Intel® Hardware Accelerated Execution Manager」の日本語参考訳です。


インテル® Hardware Accelerated Execution Manager (インテル® HAXM) は、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (インテル® VT) を使用するハードウェア支援による仮想エンジン (ハイパーバイザー) で、ホストマシン上で Android* アプリケーションのエミュレーションを高速化します。インテルから提供されている Android* x86 エミュレーター・イメージと公式の Android* SDK Manager を組み合わせて、インテル® HAXM はインテル® VT 対応システム上でより高速に Android* アプリケーションのエミュレーションを行います。

インテル® HAXM は次のプラットフォームをサポートしています。

既知の問題

インテル® HAXM と VirtualBox 4.2.14 以降のバージョンを同じマシン上で並列実行すると Android* エミュレーターがフリーズします。弊社のテストでは、この問題は VirtualBox 4.2.12 以前のバージョンでは発生しません。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事