メモリー・アクセス・プロファイル: 一般的なパフォーマンス・ボトルネックの特定と修正

同カテゴリーの次の記事

ミッションをクリアして抽選で景品をゲット!インテル® VTune™ Amplifier 解析チャレンジ・キャンペーン

このセッションは、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Memory Access Profiling: Find and Fix Common Performance Bottlenecks」の日本語版です。


このセッションでは、メモリー・アクセス・プロファイルにおける一般的なパフォーマンス・ボトルネックの特定と修正について説明します。

本コースは、2 つのトレーニング・ビデオにより構成されています。

パート 1 では、本セッションのメイントピックであるメモリー階層について、いくつかの基本事項を説明します。また、パフォーマンス・プロファイラー「インテル® VTune™ Amplifier」の概要、基本操作、プロファイルの設定方法などを解説しています。

パート 2 では、インテル® VTune™ Amplifier を使ったメモリー階層に関するパフォーマンス解析について、低い NUMA 使用率、非効率な配列アクセスパターンなど、実際の例を見ていきます。また、GUI や解析結果の見方についても説明しています。

オンライン・トレーニング

※Google Chrome では文字化けする場合があります。システム要件の詳細については、こちらのページをご覧ください。

関連記事