システム/IoT デバイス・アプリケーションを高速化! インテル® System Studio 新バージョン 2018 発売開始

同カテゴリーの次の記事

インテル® コンパイラー 17.0 以降の新機能: ループのコード・アライメント

2017年 12月、システム/IoT デバイス・アプリケーション開発者向けに、優れた電力効率、パフォーマンス、信頼性を提供する開発ツール「インテル® System Studio」の新バージョン 2018 がリリースされました。

  • 最適化性能がさらに向上した、最新のインテル® コンパイラー、ライブラリーを同梱
  • 新しいライブラリーとサンプルコードにより開発期間を短縮
  • クラウドコネクターとセンサー・ライブラリーを含む新しい IoT 接続ツールによりイノベーションを支援
  • 最新のインテル® プロセッサーにおいてインテル® アドバンスト・ベクトル・エクステンション 512 (インテル® AVX-512) 命令を利用してコードとシステム・パフォーマンスを最適化し、新しいデータ解析ライブラリーによりエッジの解析処理をスピードアップ
  • 電力動作を解析してシステムの消費電力を軽減し、ネットワーク、デバイス、リモートシステムにわたってパフォーマンス・ボトルネックを特定
  • 新しいハードウェア接続メカニズムによりターゲットデバイスのシステム検証が容易に
  • 新しいクラウドコネクターによりエッジデバイスからクラウドサービスへの信頼性の高いデータ転送と柔軟なストレージを実現
  • 新しいスクリプト機能により簡単にトレースを自動化

詳細は下記ページをご覧ください。
https://www.xlsoft.com/jp/products/intel/system/index.html

関連記事

  • HPC アプリケーションに役立つハイパフォーマンス解析HPC アプリケーションに役立つハイパフォーマンス解析 このセッションは、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「HPC Applications Need High-Performance Analysis」の日本語版です。 このセッションでは HPC の分野に特化したパフォーマンス解析技術を性能解析ツール「インテル® VTune™ […]
  • PATH システム環境変数の長さ制限PATH システム環境変数の長さ制限 この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに公開されている「Limitation to the length of the System PATH variable」の日本語参考訳です。 PATH システム環境変数の長さ制限 概要: この記事は、PATH […]
  • Dell* Venue* でインテル® VTune™ Amplifier 2014 for Systems を使用するにはDell* Venue* でインテル® VTune™ Amplifier 2014 for Systems を使用するには この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「How to use Intel® VTune™ Amplifier 2014 for Systems on a Dell Venue 8」の日本語参考訳です。 はじめに インテル® VTune™ Amplifier 2014 for Systems […]
  • 新バージョン「インテル® System Studio 2016」 発売開始新バージョン「インテル® System Studio 2016」 発売開始 2015年9月、組込み/モバイル機器の開発者に、次世代の優れた電力効率、パフォーマンスおよび信頼性を提供する開発ツールスイート「インテル® System Studio」の新バージョン 2016 がリリースされました。 最適化性能がさらに向上した、最新のインテル® コンパイラー、ライブラリーを同梱 プリエンプティブ […]
  • OpenOCD* でインテル® System Debugger を使用するOpenOCD* でインテル® System Debugger を使用する この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Using Intel® System Debugger with OpenOCD*」の日本語参考訳です。 必要条件 JTAG デバイス: Olimex* ARM-USB-OCD-H または TinCanTools* […]