異なる Microsoft* Visual Studio* バージョンで古いインテル® Visual Fortran コンパイラーを使用する

同カテゴリーの次の記事

インテル® MKL を Numpy/Scipy に実装

この記事は、インテル® デベロッパー・ゾーンに掲載されている「Using older Intel Visual Fortran versions in different Microsoft Visual Studio versions」の日本語参考訳です。


この記事では、1 つまたは複数の Microsoft* Visual Studio* バージョンで、インテル® Visual Fortran コンパイラーの複数のバージョンを使用する方法を説明します。インテル® Visual Fortran コンパイラーの各バージョンでサポートされる Microsoft* Visual Studio* バージョンについては、「インテル® Fortran コンパイラー Windows* 版 – Microsoft* 開発ソフトウェア要件」 (英語) を参照してください。

はじめに

インテル® Visual Fortran コンパイラー XE の新しいバージョンをインストールすると、以前のバージョンの Microsoft* Visual Studio* 統合がアンインストールされ、新しいバージョンの統合がインストールされます。インテル® Visual Fortran コンパイラーの Visual Studio* 統合は、現在および 2 つ前までのコンパイラー・バージョンをサポートします。例えば、インテル® Parallel Studio XE 2013 SP1 がインストールされているマシンにインテル® Parallel Studio XE 2015 をインストールすると、2013 SP1 の統合はアンインストールされ、2015 の統合がインストールされます。そして、バージョン 13.1、14.0、および 15.0 のインテル® コンパイラーを使用できます。それよりも古いバージョン (インテル® Visual Fortran コンパイラー 11.1 プロフェッショナル・エディションなど) は、インストールされていても使用できません。

この記事は、Visual Studio* でコンパイラー・バージョンを選択する方法と、古い Visual Studio* バージョンで古いコンパイラー・バージョンを保持する方法を紹介します。

Microsoft* Visual Studio* でのコンパイラー・バージョンの選択

複数のインテル® Visual Fortran コンパイラーがインストールされている場合、最新のコンパイラー・バージョンでサポートされている Microsoft* Visual Studio* バージョンにおいて、最大で最も新しい 3 つのバージョンの中から使用するコンパイラーを選択できます。選択可能なコンパイラー・バージョンは、その Visual Studio* バージョンをサポートしているものに限られます。

例えば、インテル® Parallel Studio XE 2015 とインテル® Parallel Studio XE 2013 SP1 がインストールされている場合、Visual Studio* 2010/2012/2013 では 2013 SP1 または 2015 のコンパイラーを使用できますが、Visual Studio* 2008 では 2013 SP1 のコンパイラーのみ使用できます。インテル® Visual Fortran Composer XE 2013 以降で使用するコンパイラー・バージョンを選択するには、[ツール] > [オプション] > [Intel Parallel Studio XE (インテル(R) Parallel Studio XE)] または [Intel Composer XE (インテル(R) Composer XE)] > [Visual Fortran] > [Compilers (コンパイラー)] を選択します。それよりも古いバージョンでは、[ツール] > [オプション] > [Intel Visual Fortran (インテル(R) Visual Fortran)] > [Compilers (コンパイラー)] を選択します。

表示されるダイアログは、Visual Studio* バージョンによりやや異なります。

Microsoft* Visual Studio* 2013/2012/2010 の場合
Visual Studio* 2010 以降の [Compiler Selection (コンパイラーの選択)] ダイアログ

Microsoft* Visual Studio* 2008 および 2005 の場合
Visual Studio* 2008 の [Compiler Selection (コンパイラーの選択)] ダイアログ

32 ビット (Win32) と 64 ビット (x64) のターゲット・プラットフォームで異なるコンパイラー・バージョンを選択することもできます。デフォルトでは、インストールされている最新のコンパイラー・バージョンが選択されます。[Selected compiler (コンパイラー)] または [Selected version of suite/compiler (選択済みスイート/コンパイラーのバージョン)] ドロップダウンから利用可能なバージョンを選択します。64 ビット・プラットフォーム用のコンパイラー・バージョンは、[x64] タブをクリックするか (VS2013/2012/2010 の場合)、[Platform (プラットフォーム)] ドロップダウンで x64 を選択してから (VS2008/2005 の場合) 選択します。このダイアログは、ビルドするアプリケーションのバージョン (32 ビットまたは 64 ビット) を選択するためのものではありません。アプリケーションのバージョンは、プロジェクトが開いている状態で [ビルド] > [構成マネージャー] から選択します。

古い Visual Studio* バージョンで古いコンパイラー・バージョンを保持する

複数の Microsoft* Visual Studio* バージョンがインストールされている場合、それぞれのバージョンで異なるバージョンのインテル® Visual Fortran 統合を利用することができます。そのための手順は、新しいバージョンが既にインストールされているかどうかにより異なります。

新しいバージョンがまだインストールされていない場合

  1. 保持したい Microsoft* Visual Studio* バージョンのインストール・フォルダー以下にある「Intel Fortran」サブフォルダーのコピーを作成します。デフォルトでは、各 Visual Studio* バージョンは次の場所にインストールされます。
    • <Program Files>\Microsoft Visual Studio 12.0 (VS2013)
    • <Program Files>\Microsoft Visual Studio 11.0 (VS2012)
    • <Program Files>\Microsoft Visual Studio 10.0 (VS2010)
    • <Program Files>\Microsoft Visual Studio 9.0 (VS2008)
    • <Program Files>\Microsoft Visual Studio 8 (VS2005)
    <Program Files> は、64 ビットのシステムでは C:\Program Files (x86) となり、32 ビットのシステムでは C:\Program Files となります。
  2. 新しいバージョンをインストールします。
  3. 「Intel Fortran」フォルダーをステップ 1 でコピーしたものに置き換えます。
  4. Visual Fortran 統合問題のトラブルシューティング」 (英語) の「Step 3 – repair the integration」の手順に従って、統合 DLL を再登録するためのコマンドを管理者権限で実行します。

古いコンパイラー・バージョンを保持する Visual Studio* バージョンが新しいコンパイラー・バージョンでもサポートされている場合、新しいバージョンのアップデートをインストールする前に再度この操作を行う必要があります。

新しいバージョンがすでにインストールされている場合

  1. 古いコンパイラー・バージョンを使用したい Microsoft* Visual Studio* バージョンのインストール・フォルダー以下にある「Intel Fortran」サブフォルダーを削除します。場合によっては、このサブフォルダーがないこともあります。デフォルトでは、各 Visual Studio* バージョンは次の場所にインストールされます。
    • <Program Files>\Microsoft Visual Studio 12.0 (VS2013)
    • <Program Files>\Microsoft Visual Studio 11.0 (VS2012)
    • <Program Files>\Microsoft Visual Studio 10.0 (VS2010)
    • <Program Files>\Microsoft Visual Studio 9.0 (VS2008)
    • <Program Files>\Microsoft Visual Studio 8 (VS2005)
    <Program Files> は、64 ビットのシステムでは C:\Program Files (x86) となり、32 ビットのシステムでは C:\Program Files となります。
  2. 古いコンパイラー・バージョンをアンインストールし、再インストールします。

古いコンパイラー・バージョンを保持する Visual Studio* バージョンが新しいコンパイラー・バージョンでもサポートされている場合、新しいバージョンのアップデートをインストールする前に再度この操作を行う必要があります。

質問および問題

この記事で紹介した手順に関してご質問がある場合は、ユーザーフォーラム (英語) またはインテル® プレミアサポート (英語) までお問い合わせください。

コンパイラーの最適化に関する詳細は、最適化に関する注意事項を参照してください。

関連記事