インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

サマリーレポート

GUI で利用可能な [サマリー] ウィンドウと同様に、summary レポートはターゲット全体のパフォーマンス・データを提供します。インテル® VTune™ プロファイラーは、データ収集が完了すると自動的にサマリーレポートを生成します。このレポートを無効にするには、collect または collect-with アクションを実行する際に、コマンドで no-summary オプションを使用します。

コマンドラインから既存の結果のサマリーレポートを生成するには、次の構文を使用します。

vtune -report summary -result-dir <result_path>

サマリーレポートの出力は収集タイプによって異なります。

ユーザーモード・サンプリングとトレース収集サマリーレポート

ユーザーモード・サンプリングとトレース収集結果では、サマリーレポートに次のセクションが含まれます。

例 1: ユーザーモード・サンプリング・ホットスポット・サマリー

次の例は、Windows* で r000hs ホットスポット解析結果のサマリーレポートを生成します。

vtune -report summary -r r000hs
Elapsed Time: 1.857s
CPU Time: 10.069s
    Effective Time: 10.069s
    Idle: 0.000s
    Poor: 1.294s
    Ok: 6.381s
    Ideal: 2.395s
    Over: 0s
Spin Time: 0s
Overhead Time: 0s
Total Thread Count: 9
Paused Time: 0s

Top Hotspots
Function   Module      CPU Time
---------  ----------  --------
multiply1  matrix.exe   10.069s

Collection and Platform Info
    Application Command Line: C:\temp\samples\en\C++\matrix_vtune\matrix\vc14\Win32\Release\matrix.exe 
    Operating System: Microsoft Windows 10
    Computer Name: my-computer
    Result Size: 5 MB 
    Collection start time: 09:41:57 06/09/2018 UTC
    Collection stop time: 09:41:58 06/09/2018 UTC
    Collector Type: Event-based counting driver,User-mode sampling and tracing
    CPU
        Name: Intel® Processor code named Skylake
        Frequency: 4.008 GHz
        Logical CPU Count: 8

例 2: スレッド化サマリー

この例では、スレッド化解析結果 r003tr のサマリーレポートを生成します。レポートのサマリーには、マルチスレッドのターゲットが 64 秒間待機し、平均同時実行時間はわずか 1.073 秒であることが示されています。

vtune -report summary -r r003tr
Summary
-------
Average Concurrency:  1.073
Elapsed Time:         13.911
CPU Time:             11.031
Wait Time:            64.468
Average CPU Usage:    0.768

待機の原因を特定するには、GUI パフォーマンス・ペインで結果を確認するか、パフォーマンス・レポートを生成します。

ハードウェア・イベントベース・サンプリング収集サマリーレポート

ハードウェア・イベントベース・サンプリング収集の結果では、サマリーレポートに次の情報が含まれます (利用可能であれば)。

一部の解析タイプでは、コマンドライン・サマリー・レポートに、事前定義されたしきい値を超えるメトリックに対する問題の説明が示されます。サマリーレポートで関連する問題をスキップする場合、以下のいずれかの操作を行います。

例 3: ハードウェア・イベントベース・サンプリングのホットスポット・サマリー

この例では、Windows* でホットスポット解析 (ハードウェア・イベントベース・サンプリング・モード) 結果 r001hs のサマリーレポートを生成します。

vtune -report summary -r r001hs
Elapsed Time: 3.986s
    CPU Time: 1.391s
    CPI Rate: 0.860
    Wait Time: 65.023s
    Inactive Time: 14.819s
    Total Thread Count: 25
    Paused Time: 0s

Hardware Events
Hardware Event Type                  Hardware Event Count  Hardware Event Sample Count  Events Per Sample
-----------------------------------  --------------------  ---------------------------  -----------------
CPU_CLK_UNHALTED.ONE_THREAD_ACTIVE             24,832,593                            8  1000030          
CPU_CLK_UNHALTED.REF_TSC                    3,471,208,416                          120  24000000         
CPU_CLK_UNHALTED.REF_XCLK                      43,877,874                           14  1000030          
CPU_CLK_UNHALTED.THREAD                     3,903,569,890                          127  24000000         
FP_ARITH_INST_RETIRED.SCALAR_DOUBLE           943,046,424                           14  20000030         
INST_RETIRED.ANY                            4,536,715,682                          140  24000000         
UOPS_EXECUTED.THREAD                        5,282,967,942                           72  20000030         
UOPS_RETIRED.RETIRE_SLOTS                   5,587,595,565                           76  20000030         
Collection and Platform Info
    Application Command Line: C:\samples\tachyon\vc10\analyze_locks_Win32_Release\analyze_locks.exe C:\samples\tachyon\dat\balls.dat
    Operating System: Microsoft Windows 10
    Computer Name: My Computer
    Result Size: 13 MB 
    Collection start time: 12:12:52 24/07/2018 UTC
    Collection stop time: 12:13:03 24/07/2018 UTC
    Collector Type: Event-based sampling driver
    CPU
        Name: Intel® Processor code named Skylake ULT
        Frequency: 2.496 GHz
        Logical CPU Count: 4

最適化の効果を予測するには、パフォーマンス・ベースラインとして経過時間メトリックを使用します。

例 4: HPC パフォーマンス特性サマリー

このコマンドは、HPC パフォーマンス特性解析結果のサマリーレポートを生成して、問題の説明をスキップします。

vtune -report summary -r r001hpc -report-knob show-issues=false
Elapsed Time: 23.182s
GFLOPS: 14.748
Effective Physical Core Utilization: 58.0%
    Effective Logical Core Utilization: 13.920 Out of 24 logical CPUs
    Serial Time: 0.069s (0.3%)
    Parallel Region Time: 23.113s (99.7%)
        Estimated Ideal Time: 14.010s (60.4%)
        OpenMP Potential Gain: 9.103s (39.3%)
Memory Bound: 0.446
    Cache Bound: 0.175
    DRAM Bound: 0.216
    NUMA: % of Remote Accesses: 38.3%
FPU Utilization: 2.7%
    GFLOPS: 14.748
        Scalar GFLOPS: 4.801
        Packed GFLOPS: 9.947
Collection and Platform Info
    Application Command Line: ./sp.B.x
    User Name: vtune
    Operating System: 3.10.0-327.el7.x86_64 NAME="Red Hat Enterprise Linux* Server" VERSION="7.2 (Maipo)" ID="rhel" ID_LIKE="fedora" VERSION_ID="7.2" P
RETTY_NAME="Red Hat Enterprise Linux* Server 7.2 (Maipo)" ANSI_COLOR="0;31" CPE_NAME="cpe:/o:redhat:enterprise_linux:7.2:GA:server" HOME_URL="https://w
ww.redhat.com/" BUG_REPORT_URL="https://bugzilla.redhat.com/"  REDHAT_BUGZILLA_PRODUCT="Red Hat Enterprise Linux* 7" REDHAT_BUGZILLA_PRODUCT_VERSION=7.
2 REDHAT_SUPPORT_PRODUCT="Red Hat Enterprise Linux" REDHAT_SUPPORT_PRODUCT_VERSION="7.2"
    Computer Name: nntvtune235
    Result Size: 1 GB
    Collection start time: 19:04:30 13/06/2017 UTC
    Collection stop time: 19:04:53 13/06/2017 UTC
    Name: Intel® Xeon® E5/E7 v2 Processor code named Ivytown
    Frequency: 2.694 GHz
    Logical CPU Count: 24
    CPU
        Name: Intel® Xeon® E5/E7 v2 Processor code named Ivytown
        Frequency: 2.694 GHz
        Logical CPU Count: 24

例 5: メモリー・アクセス・サマリー

このコマンドは、Windows* で収集されたメモリーアクセス解析結果のサマリーレポートを生成して、問題の説明を表示します。

vtune -report summary -r r001macc

Elapsed Time: 7.917s
    CPU Time: 6.473s
    Memory Bound: 21.9% of Pipeline Slots
     | The metric value is high. This may indicate that a significant fraction
     | of execution pipeline slots could be stalled due to demand memory load
     | and stores. Explore the metric breakdown by memory hierarchy, memory
     | bandwidth information, and correlation by memory objects.
     |
        L1 Bound: 8.0% of Clockticks
         | This metric shows how often machine was stalled without missing the
         | L1 data cache. The L1 cache typically has the shortest latency.
         | However, in certain cases like loads blocked on older stores, a load
         | might suffer a high latency even though it is being satisfied by the
         | L1.
         |
        L2 Bound: 3.0% of Clockticks
        L3 Bound: 5.0% of Clockticks
         | This metric shows how often CPU was stalled on L3 cache, or contended
         | with a sibling Core. Avoiding cache misses (L2 misses/L3 hits)
         | improves the latency and increases performance.
         |
        DRAM Bound: 4.1% of Clockticks
            DRAM Bandwidth Bound: 0.4% of Elapsed Time
            Memory Latency: 0.000
    Loads: 10,137,704,122
    Stores: 3,208,896,264
    LLC Miss Count: 1,750,105
    Average Latency (cycles): 11
    Total Thread Count: 21
    Paused Time: 0s
System Bandwidth
    Max DRAM System Bandwidth: 15 GB 

Bandwidth Utilization
Bandwidth Domain  Platform Maximum  Observed Maximum  Average Bandwidth  % of Elapsed Time with High BW Utilization(%)
----------------  ----------------  ----------------  -----------------  ---------------------------------------------
DRAM, GB/sec      15                          11.300              2.836                                           0.4%
Collection and Platform Info
    Application Command Line: C:\samples\tachyon\vc10\analyze_locks_Win32_Release\analyze_locks.exe "C:\samples\tachyon\dat\balls.dat" 
    Operating System: Microsoft Windows 10
    Computer Name: My Computer
    Result Size: 31 MB 
    Collection start time: 09:33:44 07/06/2017 UTC
    Collection stop time: 09:33:52 07/06/2017 UTC
    CPU
        Name: Intel® Processor code named Skylake ULT
        Frequency: 2.496 GHz
        Logical CPU Count: 4

サマリーの帯域幅利用率には次のメトリックが表示されます。

この情報は、結果に含まれるすべての種類の帯域幅ドメイン (DRAM、MCDRAM、QPI など) に対して提供されます。

関連情報