インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

スタックを表示

ユーザーとシステム関数向けのコールスタックを表示するためインテル® VTune™ プロファイラーのビューを管理し、パフォーマンス・メトリックでそれぞれのスタックの影響を予測します。

インテル® VTune™ プロファイラーは、[コールスタック] ペイン、[ボトムアップ] ペイン、[トップダウン・ツリー] および [呼び出し元/呼び出し先] ペインでコールスタック情報を表示します。次のオプションを使用して、さまざまなビューでスタックを管理または解析できます。

スタックレイアウトを変更

/ [スタックレイアウト] ツールバーボタンを使用して、グリッド内のスタック表示 ([ボトムアップ] または [トップダウン・ツリー] ペイン) を管理します。

ボタンは、選択されたレイアウトに応じて動的に変化します。例えば、ビューでチェーンレイアウトが選択されると、ボタンはツリーレイアウトを選択するオプションを表示するように変化します。

通常、ボトムアップ・ビューにはチェーンレイアウト が適しています。

トップダウン・ビューには、ツリーレイアウト が自然です。

[トップダウン・ツリー] ペインのチェーンレイアウトは、分岐がなく、データカラムのすべての値が親と子で同じ場合にのみ利用できます。

メトリックごとのスタックを表示

[コールスタック] ペインのドロップダウン・メニューを使用して、選択したプログラム単位のスタックタイプを選択します。

例えば、スレッド解析結果で同期オブジェクトが選択されたら、そのオブジェクトが作成、シグナル通知、または待機されたスタックを表示するように [コールスタック] ペインを設定できます。

スタック内のシステム関数を表示

グリッドと [コールスタック] ペインのスタックにシステム関数を表示するかどうかを制御するには、フィルター・ツールバーにある [コールスタック・モード] メニューを使用します。

スタック関数のソースを表示

[コールスタック] ペインの行をダブルクリックするか、ハイパーリンクの関数名をクリックすると、[ソース/アセンブリー] ウィンドウが開き、選択した行の項目を生成するコードが表示されます。

例えば、スレッド化解析の結果で、待機時間 (同期オブジェクト生成) スタックの一番上の項目をダブルクリックすると、関連するソースファイルが開き、対応する同期オブジェクトを生成したソース行が表示されます。

ソースが見つからない場合手動で探します。ソースを検出できない場合、プログラム単位の [アセンブリー] ペインが開きます。

システム関数を選択した場合、ソースファイルがあれば [ソース/アセンブリー] ウィンドウにシステム関数のソースが開きます。ソースがない場合は、システム関数を含むバイナリーのアセンブリーが表示されます。

関連情報