インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Linux* と Android* カーネルの解析

カスタム解析設定で提供されるイベント・ライブラリーを使用して、イベントベースのサンプリング・コレクターで監視する Linux* Ftrace および Android* フレームワークのイベントを選択します。

ライブラリーからイベントを選択するには、次の操作を行います。

  1. 新しいハードウェア・イベントベース・サンプリング解析タイプを作成します

    新しい解析タイプは、[解析の設定] ウィンドウの [どのように] ペインの [カスタム解析] の下に表示されます。

  2. 新しいカスタム設定で、Linux* Ftrace イベントまたは Android* フレームワーク・イベント領域を使用して、システムの動作を監視するイベントを指定します。

    例えば、KVM ゲスト OS プロファイルでは、IRQ インジェクション・プロセスを追跡するため、Linux* Ftrace イベント (kvm、irq、sofirq および workq) を選択することを検討してください。

収集されたデータは、デフォルトのビューポイントではタスクとして表示されます。[サマリー] ウィンドウから始めて、[上位タスク] セクションで最も時間のかかるタスクを特定します。タスク持続時間分布図のタスクタイプ別に表示されるタスク持続時間の統計を解析します。

スライドバーを使用して、高速および低速インスタンスのしきい値を設定します。

上位タスクセクションのタスクをクリックすると、タスク別にまとめられた [ボトムアップ] ウィンドウが開きます。時系列にタスクを解析するには [プラットフォーム] ウィンドウに切り替えます。

インテル® VTune™ プロファイラーの [プラットフォーム] ウィンドウ

制限事項

一部のシステムでは、root ユーザーのみが /sys/kernel/debug/tracing にある Linux* Ftrace サブシステムにアクセスできます。この場合、インテル® VTune™ プロファイラーは「資格証明が不足しているため Ftrace を収集できません。root 権限が必要です。」エラーメッセージを表示します。このようなシステムで Ftrace イベント収集を有効にするには、root 権限でインテル® VTune™ プロファイラーを実行するか、root アカウントで chown コマンドを使用します。次に例を示します。

$ chown -R <user>:<group> /sys/kernel/debug/tracing

bin ディレクトリーにある prepare_debugfs.sh スクリプトを利用して、この手順を自動化できます。このスクリプトは debugfs をマウントしてグループへのアクセス権を変更し、インストール・ブート・スクリプトを更新してシステムの起動時に変更を自動的に適用します。このスクリプトは、root 権限で実行することを忘れないでください。

prepare_debugfs.sh スクリプトを使用して認証を自動化するには、次のように入力します。

$ ./install/bin64/prepare-debugfs.sh [option]

[option] は次のいずれかです。

[option]

説明

-h | --help

使い方の情報を表示します。

-i | --install

オプションなしで設定すると、スクリプトは debugfs ブートスクリプトを設定し、適切なシステム・ディレクトリーにインストールします。

-c | --check

オプションなしでマウントすると、スクリプトは debugfs を設定してアクセス権限をチェックします。

-u | --uninstall

以前インストールした debugfs ブートスクリプトをアンインストールし、設定を元に戻します。

-g | --group <group>

vtune 以外のグループを指定します。

-r | --revert

debugfs 設定を元に戻します。

-b | --batch

オプションを指定しないで非インタラクティブ・モードで実行します (アクセス権限が変更済みの場合は終了します)。スクリプトは debugfs を設定します。

関連情報