インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

KVM システムの KVM カーネルとユーザー空間をプロファイル

KVM システム上にインテル® VTune™ プロファイラーをインストールし、KVM ゲスト OS プロファイル向けにターゲットを設定します。

アプリケーション解析には、ゲスト OS 上にインテル® VTune™ プロファイラーを直接インストールする必要があります。インテル® VTune™ プロファイラーは、インストール時に仮想環境を検出し、システムが不安定になることを避けるためサンプリング・ドライバーのインストールを無効にします。製品がインストールされたら、解析ターゲットとしてアプリケーションを指定し、解析タイプを選択してプロジェクトの設定を続行します。

このプロファイル・タイプは 2 つのモードをサポートします。

次のプロファイル・モードはクラウド環境にも適用できますが、いくつかの制限があります。

ゲスト OS (ユーザー・アプリケーション) プロファイル・モード

このモードでは、インテル® VTune™ プロファイラーは [アプリケーションを起動] または [プロセスにアタッチ] で実行されるアプリケーションのユーザーモード・サンプリングとトレース解析タイプ、ホットスポット、およびスレッド化をサポートします。システム全体の解析はサポートされません。

ゲスト OS (カーネルとユーザー空間) プロファイル・モード

このモードでは、インテル® VTune™ プロファイラーは、機能が制限されたイベントベース収集オプションのホットスポットとマイクロアーキテクチャー全般解析を提供します。PMU カウンターを仮想化するため追加のホストシステム設定が必要です。

イベントベース・サンプリング解析を有効にするには、KVM システム上で次の操作を行います。

  1. ホストシステムから、仮想マシンの構成設定を開きます。

  2. 左にある [CPUs] または [Processor] オプションを選択します。

  3. [Model] フィールドに host-passthrough を入力して、ゲストシステムを変更することなくホスト CPU 機能をパススルーします。

  4. [Apply] をクリックして変更を保存します。

ハードウェア・イベントベース解析タイプ (例えば、マイクロアーキテクチャー全般) を選択した場合、インテル® VTune™ プロファイラーは自動的に Linux* Perf ツールを使用する (ドライバーを使用しない) イベントベース・サンプリングを有効にします。この解析では、インテル® VTune™ プロファイラーはアーキテクチャー・イベントのみを収集します。サポートされるアーキテクチャー・イベントの詳細については、パフォーマンス・モニタリング・ユニットの共有ガイド (英語) をご覧ください。

制限事項

関連情報