インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Hyper-V* 環境のターゲットをプロファイル

Hyper-V* 仮想化環境でハードウェア・イベントベースのサンプリング解析を有効にするように、Windows* システムを設定します。

インテル® VTune™ プロファイラーは、Hyper-V* 環境でのパフォーマンス・プロファイルをサポートしますが、イベントベース・サンプリング収集にはいくつかの制限があります。そのため、解析を始める前にシステム設定が要件を満足していることを確認してください。

ハードウェア解析のシステム設定を確認

システムがプロファイルの要件を満たしていない場合、インテル® VTune™ プロファイラーでハードウェア・イベントベース・サンプリング解析を実行する際は、システム設定の Hyper-V* 機能が無効になっていることを確認してください。

Hyper-V* の認証情報の保護とデバイスの保護の無効化

Hyper-V* はオプションで次のセキュリティー機能をサポートします: デバイスの保護と認証情報の保護。どちらか一方もしくは両方が有効な場合、非アーキテクチャー PMU MSR にアクセスすると (ドライバーベースのハードウェア・イベントベース・サンプリング解析に必要)、一般保護例外が発生します。例えば、オフコアが返す MSR とアンコアに関連する MSR は、非アーキテクチャー MSR です。これらのイベントを収集するには、次のようにセキュリティー機能を無効にする必要があります。

  1. 実行中のシステムのセキュリティー機能を確認します。

    1. msinfo32 コマンドを実行して、[システム情報] ダイアログを開きます。

    2. [システムの要件] で、[仮想化ベースのセキュリティ] 項目に、[ハイパーバイザーがコードの整合性を強制][認証情報] が含まれていることを確認します。

  2. Microsoft* DG-CG-Readiness-Tool を実行してこれらのセキュリティー機能を無効にする方法は、https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=53337 (英語) をご覧ください。

    1. 管理者権限で Powershell を開き、ツールのインストール・ディレクトリーに移動します。

    2. 次のツールを実行します。

      .\DG_Readiness_Tool_v2.1.ps1 -Disable -CG -DG
    3. システムを再起動します。

    4. デバイスの保護が無効であることを確認します。msinfo32 の出力に、ハイパーバイザーによって強制されるコードの整合性認証情報保護が含まれていてはなりません。

関連情報