インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

threading コマンドライン解析

スレッド化解析は、非効率なプロセッサー利用率の原因を特定して、アプリケーションが並列化されていない場所を見つけるのに役立ちます。スレッドが長時間同期オブジェクト (ロック) を待機するのは、最も一般的な問題の 1 つです。コアが十分に利用されず待機が発生すると、パフォーマンスは影響を受けます。

スレッド化解析は、インテル® VTune™ Amplifier で使用されていた並行性解析とロックと待機解析タイプを組み合わせた新しい解析タイプです。

スレッド化解析は、ユーザーモード・サンプリングとトレース収集を使用します。この解析により、アプリケーションで使用するそれぞれの同期オブジェクトの影響を検証し、アプリケーションが同期オブジェクト、またはスリープやブロック化 I/O などの API で待機している時間を理解できます。

インテル® VTune™ プロファイラーでサポートされる同期オブジェクトには 2 つのグループがあります。

構文

vtune -collect threading [-knob <knobName=knobValue>] [--] <target>

Knob: sampling-interval

スレッド化解析で利用可能な knob (設定オプション) に関する最新情報は次のように取得できます。

vtune -help collect threading

この例は、Linux* の myApplication アプリケーションでスレッド化解析を実行する方法を示します。

vtune -collect threading -- /home/test/myApplication

次にすることは?

データの収集が完了したら、次のいずれかの方法で結果を表示します。

関連情報