インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

データ表示の管理

解析の実行が終了すると、インテル® VTune™ プロファイラーは自動的にデフォルト・ビューポイントを開き結果を表示します。結果ファイルの場所は、[解析の設定] ウィンドウで指定されます。

通常、ビューポイントには次の項目が含まれます。

形式

説明

結果タブ

ほかのすべてのビューポイント項目のコンテナーです。このタブの名前は、インテル® VTune™ プロファイラーの結果ファイルの名前と同じです。結果タブの名前は r@@@{at} 形式で表され、@@@ は 000 から始まる連番の結果番号を、at は解析タイプを示します。

次に例を示します。

r004hs はこのプロジェクトで実行された 5 番目の結果であり、基本ホットスポット (hs) 解析のデータを含みます。基本ホットスポットは解析タイプの名前です。[CPU 利用率によるホットスポット] は、ドロップダウンで選択されたビューポイントの名前です。このドロップダウンを使用して、この解析結果で利用可能な別のビューポイントに切り替えることができます。

ウィンドウ

それぞれの結果タブは、異なる設定で収集されたデータを示す複数のウィンドウを含んでいます。それぞれのウィンドウにはタブがあります。操作を簡単にするためウィンドウが同期されます。ウィンドウで要素を選択すると、ほかのウィンドウで同じビューポイントの同じ要素が自動的に選択されます。ウィンドウのリストは選択されたビューポイントに関連します。

各ウィンドウでは、F1 キーや アイコンをクリックして対応するヘルプトピックを開くことができます。

この製品のヘルプの一部はウェブでのみ参照できます。インテル® VTune™ プロファイラーのドキュメント・アーカイブからヘルプをダウンロードすることもできます。

ペイン

それぞれのウィンドウは、[コールスタック] ペイン、[タイムライン] ペインなど、2 つもしくは 3 つのペインを含んでいます。

特定のビューポイントの概要を確認するには、ビューポイント名の疑問符アイコンをクリックします。

次のオプションを使用することで、すべての解析データより見やすく表示して、データを管理できます。