インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

レイテンシーの問題を解析

ハードウェア・トレース・モードでシステムの概要解析を実行し、アプリケーション実行のレイテンシーの問題の原因を特定します。

ハードウェア・トレース収集のシステムの概要ビューポイントでは、次のデータを提供します。

このデータを使用して、次のことができます。

割り込みがアプリケーションの経過時間に与える影響の調査

[プラットフォーム] ウィンドウを開いて、[タイムライン] ビューで割り込みを確認します。

モジュール名にカーソルを合わせると、割り込みの原因となるモジュールのエントリーポイントが表示されます。例えば、ページフォールトの場合、次のように示されます。

タイマー割り込みの場合、次のように示されます。

マイクロ秒単位でスレッドのアクティビティーを解析

ハードウェア・トレース解析を使用すると、高い粒度レベルでデータを解析できます。これは、1 秒間隔で発生するネットワーク・ロードの要求をデバッグするのに適しています。

単一の要求にズームインします。例えば、ping コマンドは応答時間 250μs を計測して表示します。

各モジュールの実行をさらに詳しく解析できます。

スケジューラーはアイドル後にアクティブになります。

recvmsg は、1 秒のスリープに使用されます。

新しいメッセージが送信されました。

Iptable ドライバーはアクティブです。

ネットワーク・ドライバーはわずか 332ns しか消費していません。

do_idle が実行されました。

カーネル内の CPU 時間を測定

[プラットフォーム] ウィンドウのグリッドペインで、プロセス/モジュールレベルでデータをグループ化して、全体の CPU 時間のうちカーネルとドライバー内で費やされた時間の割合を確認します。

ハードウェア・トレース収集は、イベントベースのサンプリングより正確であり、実行されたすべてのモジュールの正確な時間を収集できます。

関連情報