インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

問題: SSH 接続された X サーバーでインテル® VTune™ プロファイラーの応答性が低下しています

X11 フォワーディング/X-Server を使用してリモート Linux* 収集を行うと、インテル® VTune™ プロファイラー GUI の応答が遅くなることがあります。

原因

Windows* 上で X Server (Xming* など) を使用して、SSH 接続した Linux* マシンでインテル® VTune™ プロファイラー GUI を実行し X Server が低速な場合、GUI の応答性が低下することがあります。

解決方法

オプション 1: トラフィックの圧縮を有効にする

ダイアルアップ・ネットワークや低速なネットワーク環境で X セッションを転送する場合、トラフィックを圧縮すると有効な場合があります。ssh -C で圧縮を有効にするか、構成ファイルで「Compression yes」を設定します。

SSH は次の順番で設定データを取得します。

man ssh_config を使用して、利用可能なオプションを調査できます。

オプション 2: 暗号化アルゴリズムを変更する

多くのシステムではトリプル DES (3DES) が暗号化アルゴリズムのデフォルトですが、これは Blowfish や AES より低速です。新しいバージョンの OpenSSH では Blowfish がデフォルトです。ssh -c blowfish を使用して暗号を Blowfish に変更できます。

SSH1 または SSH2 のどちらで接続するかに応じて、Cipher オプションで構成ファイルを変更します。

また、使用する X-Server のドキュメントに記載されている推奨に従ったください。

関連情報