インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

はじめに

インテル® VTune™ プロファイラーは、ユーザーが開発したシリアルおよびマルチスレッド化されたアプリケーション向けのパフォーマンス解析ツールです。インテル® VTune™ プロファイラーは、アルゴリズムの選択と利用可能なハードウェア・リソースからアプリケーションがどのように恩恵を得られるか特定するのを支援します。

インテル® VTune™ Amplifier は、ベータ版インテル® oneAPI ベース・ツールキット向けのバージョンからインテル® VTune™ プロファイラーに名称が変更されました。インテル® VTune™ プロファイラーは、スタンドアロン・バージョンとインテル® Parallel Studio XE またはインテル® System Studio に同梱されたバージョンが提供されます。

インテル® VTune™ プロファイラーは次の場所を特定できます。

インテル® VTune™ プロファイラーは、Windows*、macOS*、および Linux* 上にインストールでき、ローカルとリモート・ターゲット・システムの解析に使用できます。インテル® VTune™ プロファイラーをウェブサーバーとして使用することもできます。これは、マルチユーザー環境に最適化ソリューションです。

インテル® VTune™ プロファイラーは、Microsoft* Visual Studio* または Eclipse* などの IDE に統合するか、スタンドアロン GUI クライアントとして利用できます。

macOS* では、プロジェクトを設定し、リモートデータ収集を行い、収集した結果のデータをホスト上で解析できます。ローカル macOS* でのデータ収集はサポートされていません。サポートされるシステムでは、コマンドライン・インターフェイス (vtune) を使用してデータを収集し、回帰テストを実行できます。

主な機能

次の表は、インテル® VTune™ プロファイラーを使用するホストおよびリモート・ターゲット・プラットフォームごとの重要な解析タイプの可用性をまとめたものです。

解析

Windows* ターゲット

Linux* ターゲット

Android* ターゲット

FreeBSD* ターゲット

ホットスポット解析

+

+

+

 

スレッド化解析

+

+

   

リモート解析

+

+

+

+

コンテナーの解析

 

+

   

IDE (Eclipse*/Visual Studio*)

+

+

   

HPC パフォーマンス特性解析

+

+

   

マイクロアーキテクチャー全般

+

+

+

+

メモリーアクセス解析

+

+

   

メモリー消費解析

 

+

   

I/O 解析 (DPDK と SPDK アプリケーションを含む)

+

   

システム全体の解析

+

+

+

 

カスタム解析

+

+

+

+

GPU 解析

+

+

 

プラットフォーム・プロファイラー解析

   

OpenCL* カーネル解析

+

   

インテル® メディア SDK プログラム解析

 

   

Java* コードの解析

+

+

+

 

.NET コードの解析

+

     

Python* コードの解析

+

+

   

Go* アプリケーション解析

   

OpenMP* 解析

+

+

   

MPI 解析

+

+

   

KVM ゲスト OS の解析

 

+

   

Ftrace イベント解析

 

+

+

 

Atrace イベント解析

   

+

 

電力解析 (可視化のみ)

+

+

+

 

1プレビュー機能。2インテル® HD グラフィックスおよびインテル® Iris® グラフィックスのみ。3EBS 解析のみ。

インテル® VTune™ プロファイラーは、解析と結果の解釈を容易にする機能を提供します。

注意:

インテル® VTune™ プロファイラーは、アセンブリー・レベルの命令に関する特定の情報を利用するため、プログラム (ターゲット) にインテル® アーキテクチャー以外の命令が含まれていると、解析が正しく動作しないことがあります。この場合、インテル命令のみを含むターゲット実行ファイルで解析を実行します。インテル® VTune™ プロファイラーの解析が完了すると、インテル以外のアーキテクチャー命令を生成する最適化コンパイラー・オプションを使用できます。

関連情報