インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

hpc-performance コマンドライン解析

インテル® VTune™ プロファイラーは、計算集約型のアプリケーションに基づく HPC パフォーマンス特性解析機能を備えています。

HPC パフォーマンス特性解析は、計算集約型またはスループットに依存するアプリケーションの CPU、メモリー、および FPU 利用率の最適化の可能性を特定するのに役立ちます。HPC パフォーマンス特性解析タイプは、アプリケーション・パフォーマンスの変化を理解するための出発点です。この解析タイプを使用して、1 秒あたりの浮動小数点演算数 (GFLOPS) を増やし、アプリケーション全体の実行時間を短縮することで、アプリケーションのパフォーマンスを改善できます。解析で収集されるデータは、CPU、メモリー、および FPU 利用率に関連しています。また、OpenMP* や MPI ランタイム・ライブラリーを使用するアプリケーション向けの追加のスケーラビリティー・メトリックも用意されています。

構文

vtune -collect hpc-performance [-knob <knobName=knobValue>] [--] <target>

Knob: sampling-intervalenable-stack-collectioncollect-memory-bandwidthdram-bandwidth-limitsanalyze-openmpcollect-affinity

HPC パフォーマンス特性解析で使用可能な knob (設定オプション) の最新情報は、次のコマンドで得られます。

vtune -help collect hpc-performance

次の例は、Linux* アプリケーションのメモリー帯域幅解析を有効にして、HPC パフォーマンス特性解析を実行します。

vtune -collect hpc-performance -knob collect-memory-bandwidth=true ./home/test/myApplication

次にすることは?

データの収集が完了したら、次のいずれかの方法で結果を表示します。

関連情報