インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

Windows* アプリケーション・バイナリーのデバッグ情報

インテル® VTune™ プロファイラーは、正確なパフォーマンス・データを収集して、ソース解析を行うため、バイナリーファイルのデバッグ情報を必要とします。

PDB 形式でデバッグ情報を生成

Windows* オペレーティング・システムでは、デバッグ情報は PDB ファイルで提供されます。システムとアプリケーションのライブラリー/実行形式が PDB ファイルを持っていることを確認してください。

デフォルトの Microsoft* Visual Studio* IDE はリリースモードでは PDB 情報を生成しません。インテル® VTune™ プロファイラーで適切に結果を解析するには、手動でシンボルの生成を有効にします。

バイナリーファイルに対応するデバッグ情報を生成するには、次の操作を行います。

  1. プロジェクトを右クリックして、コンテキスト・メニューから [プロパティ] を選択します。

    <プロジェクト> [プロパティページ] ダイアログボックスが開きます。

  2. [構成] ドロップダウン・リストで、 [リリース] 構成を選択します。

    Visual Studio* 環境の現在の設定がリリースである場合、すでに選択済みの可能性があります。

  3. 左のペインで、 [プロパティページ] > [C/C++] > [全般] を選択します。

  4. [デバッグ情報の形式] フィールドで、[プログラム・データベース (/Zi)] を選択します。

  5. 左のペインで、 [プロパティページ] > [リンカー] > [デバッグ] を選択します。

  6. [デバッグ情報の生成] フィールドで、[デバッグ情報の生成 (/DEBUG)] を選択します。

  7. [OK] をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

  8. ターゲット・アプリケーションを最適化してコンパイルします

デバッグ情報を生成するように Visual Studio* が設定されている場合、実行形式とデバッグ情報が古い結果を収集するのに使用した実行ファイルと一致しないため、その結果を解決できません。

.NET マネージド・アセンブリーのネイティブイメージの PDB ファイルを生成するには:

.NET フレームワークからネイティブイメージ生成ツール (Ngen.exe) を使用します。 [バイナリー/シンボル検索] ダイアログボックスで指定した検索ディレクトリーに、生成された .pdb ファイルへのパスが含まれていることを確認します。

DPC++ アプリケーション向けにデバッグ情報を生成

GPU で実行される DPC++ アプリケーションのパフォーマンス・プロファイルを有効にしてデバッグ情報を生成するには、 -gline-tables-only-fdebug-info-for-profiling オプションを指定する必要があります。

関連情報