インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

データ表示の管理

グリッドビューのデータ形式、ソート、およびフィルター処理を管理するため、インテル® VTune™ プロファイラーで提供されるメカニズムを調査します。

これらの機能は、収集されたパフォーマンス・データを表示するすべてのグリッドで使用できます。

操作

説明

特定カラムの値で表をソート

任意のカラムヘッダー をクリックします。1 つのカラムでのみソートできますが、現在のソートで同じ値を持つ行では以前のソート結果が保持されます。

選択したデータの同期

グリッドまたは [タイムライン] ペインで注目するプログラム単位を選択すると、インテル® VTune™ プロファイラーは他のペイン/ウィンドウで同じ単位をハイライト表示します。

表示されているデータの再グループ化

[グループ化] ドロップダウン・メニューから粒度を選択します。利用可能なグループは解析タイプに依存します。

カラムのデータを展開/折りたたみ

データカラムの 展開/ 折りたたみボタンをクリックして、利用率 (低、OK) とそれぞれの利用率内のスレッドを表示/非表示にします。

行のデータを展開/折りたたみ

展開/ 折りたたみボタンをクリックして、グループ化やコールスタック要素のレベルを表示/非表示にします。

データの表示形式を変更

データカラムを右クリックして、[データを表示] > を選択し、異なるデータ形式オプションを選択します。選択したデータ形式はすべてのウィンドウに適用されます。

行を選択

Shift キーを押しながらクリックすると、連続する複数の行を選択できます。また、Ctrl キーを押しながらクリックすると、連続しない複数の行を選択できます。

ウィンドウのコンテンツをフィルター処理

  • フィルターツールバーのドロップダウン制御を使用して、選択したプログラム単位の関連性でデータをフィルター処理します。関連性 (%) は、 フィルターアイコンをクリックして選択したフィルターメトリックによって異なります。次の例では、analyze_locks プロセスは、アプリケーション全体のクロックティック・イベント・カウント (ハードウェア・イベントベース解析のデフォルトのフィルター処理メトリック) の 53.4% を占めています。そのため、収集されたデータをこのモジュールでフィルター処理すると、ビューポイントはクロックティック・データ全体の 53.4% を示します。

  • コンテキスト・メニューの [選択してフィルターイン/アウト] オプションを使用します。インテル® VTune™ プロファイラーは、選択した項目の合計時間に基づいてデータをフィルターイン/アウトします。

1 つのウィンドウでデータをフィルター処理すると、同じビューポイントのすべてのウィンドウに同じフィルターが適用されます。

[選択してフィルターイン/アウト] コンテキスト・メニューですでにフィルター処理されたデータにフィルターバーで選択可能なフィルターを適用すると、すべてのフィルターが統合され同時に適用されます。

ソース/アセンブリー・コードを表示

注目するプログラム単位を選択してダブルクリックします。ソースファイルが検出できない場合、[アセンブリー] ペインが表示されます。

関連情報