インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

ウィンドウ: ボトムアップ

子関数を親の上部に配置して (ボトムアップ解析)、[ボトムアップ] ウィンドウを使用してプログラムを下位レベルから解析します。

このウィンドウにアクセスするには、[ボトムアップ] タブをクリックします。解析タイプに応じて、[ボトムアップ] ウィンドウは次のペインを含みます。

[ボトムアップ] ペイン

[ボトムアップ] ペインに表示されるデータは、解析タイプ、データ収集タイプ、およびビューポイントによって異なります。

[グループ化] メニュー。グリッド内の行は、プログラム単位 (モジュール、関数、同期オブジェクトなど) のグループ化レベル (粒度) に対応しています。例えば、ホットスポット・ビューポイントのデータは [関数/コールスタック] でグループ化されます。

コールスタック。選択したプログラム単位に直結するコールスタックのツリー階層を解析します。▼ 記号をクリックして行を展開し、プログラム単位の呼び出しツリーを表示します。各ツリーは、選択された単位を呼び出すコールスタックです。各ツリーには、呼び出し元が 1 つのみであるすべてのプログラム単位が呼び出し関係を示す矢印 付きで表示されます。複数の呼び出し元を持つプログラム単位は分割され、それぞれの呼び出し元は呼び出し先への別々の行を持ちます。関数が同一の親関数の異なるコード行 (呼び出しサイト) から呼び出された場合、[ボトムアップ] ペインはそのようなスタックを 1 つに集約して CPU 時間を合計します。スタックの詳細情報は、[コールスタック] ペインに表示されます。

行の時間値は、その行に入れ子になっているすべての項目の合計値を示します。

  • コールスタックの情報は、ユーザーモード・サンプリング収集の結果で常に参照できます。また、解析の設定で [スタックを収集] オプションを有効にすると、ハードウェア・イベントベース・サンプリング収集の結果でも使用できます。それ以外は、イベントベース結果の [コールスタック] カラムには、呼び出しツリーに [不明] の文字列が表示されます。

  • [不明なフレーム] 識別子が表示される場合、インテル® VTune™ プロファイラーがシステムまたはアプリケーション・モジュールのシンボルファイルを検出できなかったことを意味します。詳細は、「問題: 不明なフレーム」を参照してください。

  • インテル® VTune™ プロファイラーがバイナリーのデバッグ情報を見つけられなかった場合、関数境界を静的に識別し、その関数が生成された疑似関数名 func@address にホットスポットのアドレスを割り当てます。次に例を示します。

パフォーマンス・メトリック。グリッドの各データカラムは、パフォーマンス・メトリックに対応します。デフォルトでは、すべてのプログラム単位は最初のカラムのメトリック値で降順にソートされ、最もパフォーマンス・クリティカルなプログラム単位が最初に表示されます。カラムのヘッダーをクリックすると、そのメトリックでリストをソートできます。

パフォーマンス・メトリックの一覧は解析タイプによって異なります。カラムのヘッダー (メトリック) にマウスを移動してメトリックの説明を見るか、コンテキスト・メニューから [このカラムの意味は?] オプションを選択します。

メトリックにはインテル® VTune™ プロファイラーで設定されたしきい値があり、この値を超えるとメトリックはピンク色でハイライト表示されます。ピンクのセルにマウスを移動すると、問題の説明とチューニングのアドバイスが表示されます。

一部の解析タイプでは、グリッドのメトリックが灰色で表示されます。このようなメトリックは収集されたデータの信頼性が低いことを表します。これは、収集された PMU イベントのサンプル数が非常に少ないことが原因であると考えられます。このような信頼性の低いメトリック値にカーソルを移動すると、インテル® VTune™ プロファイラーは次のようなメッセージを表示します: 「収集された PMU サンプルは、このメトリックを計算するには少なすぎます」。

解析タイプとビューポイントに応じて、ボトムアップ・ビューは利用率レベルの CPU 時間を表示することがあります。最も [低い] 値のプログラム単位にチューニングの労力を集中します。この値は、プログラム単位の実行中にアプリケーションが CPU 時間を十分に活用していないことを意味します。最適化の総合的な目標は、[理想的] (緑 ) または [OK] (オレンジ ) CPU 利用率状態を達成し、[低い] および [超過] の CPU 利用率値を減らすことです。

ツールバー。ボトムアップ・ビューを管理するには、次のオプションを選択します。

  • [グループ化のカスタマイズ] ボタンをクリックして、[グループ化のカスタマイズ] ダイアログボックスを開きます。

  • [検索] ボタンをクリックして、検索バーを開きグリッドの文字列を検索します。

  • [スタックレイアウトの変更] ボタンをクリックして、コールスタック・レイアウトを切り替えます。

    通常、[ボトムアップ] ビューにはチェーンレイアウト が適しています。

    [トップダウン] ビューにはツリーレイアウト が適しています。

関連情報