インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

インストルメントとトレース・テクノロジー API

インテル® VTune™ プロファイラーのインストルメントとトレース・テクノロジー (ITT) は、アプリケーションの実行中にトレースデータの生成および収集を制御することを可能にします。

ITT API には次のような機能があります。

API を使用するには、論理タスクを識別するためコードに API 呼び出しを追加します。これらのマーカーは、他の CPU と GPU タスクに対応するコード中のタスク間の関係を可視化する際に役立ちます。 パフォーマンス解析結果にユーザータスク表示するには、[解析設定] で [ユーザータスクの解析] チェックボックスをオンにします。

ITT API は純粋な C/C++ 関数です。Java* や .NET API は提供されていません。ランタイム環境のサポートが必要である場合、マネージドコードから JNI もしくは C++ 関数呼び出しを使用できます。収集が大きなオーバーヘッドや大量のデータストレージの原因となる場合、オーバーヘッドを軽減するため解析を中断できます。

関連情報