インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

トップダウン・ツリー比較

最適化後にアプリケーションの呼び出しツリーがどのように変化したかを理解して、関数と呼び出し先ごとのパフォーマンス・メトリックの違いを確認するため、[トップダウン・ツリー] サブタブをクリックして [トップダウン・ツリー] ウィンドウを調査します。

比較モードでは、[トップダウン・ツリー] ウィンドウに 2 つの結果のデータカラムと、各プログラム単位の 2 つの結果の差を示す新しいカラムが表示されます。2 つの差は、<結果 1 の値> - <結果 2 の値> で計算されます。

比較モードの [トップダウン・ツリー] ウィンドウでは、2 つのグループ化レベルがサポートされます。

例ホットスポット解析の結果を比較

関数 foo() は、アプリケーションの 2 つの場所 bar1()bar2() から呼び出されます。結果 2 で foo() 関数が低速であることが分かった場合、[トップダウン・ツリー] ウィンドウ (比較モード) を使用して、bar1()bar2() またはその両方で呼び出されたときに低速であるかどうかを確認します。

ヒント

結果をスタックありとなしで比較するには、[コールスタック・モード] フィルターバー・オプションを [ユーザー/システム関数] に切り替えて、パフォーマンス・データをサンプルが取得された関数に関連付けます。

関連情報