インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

データ収集を制限

予測される結果サイズや収集時間を設定して、収集するデータ量を事前定義します。

これにより、データ処理が遅くなる大量のデータ収集を制限します。例えば、頻繁に競合するアプリケーションでスレッド化解析を実行する場合や長時間のプロファイルを解析する際に、この問題が生じる可能性があります。

通常、デフォルトの結果ファイルの生データサイズは、インテル® VTune™ プロファイラーがプログラムの問題を特定するには十分です。

データサイズの上限に達してデータ収集が中断されたら、[解析の設定] ウィンドウの下部にあるコマンドツールバー [停止] ボタンをクリックします。インテル® VTune™ プロファイラーは、収集されたデータの解析を行います。将来の解析実行に向けて、ターゲット・アプリケーションのデータ収集を拡張する場合、次のように収集データのデフォルトのサイズ制限を変更できます。

  1. インテル® VTune™ プロファイラーのツールバーで、 [解析の設定] ボタンをクリックします。
  2. [どこを] ペインでターゲットシステムを、[何を] ペインでターゲットタイプを選択します。
  3. [何を] ペインの [高度] セクションで、[データの収集を制限] グループで次のいずれかを選択して制限します。
    • 収集開始からの結果サイズ (MB): 収集する結果の最大サイズ (MB) を設定します。インテル® VTune™ プロファイラーは、ターゲットの実行開始からデータの収集を始めますが、結果サイズが指定した上限に達するとデータ収集を中断します。データサイズを無制限にするには、0 を指定します。

    • 収集終了からの時間 (秒): ターゲットの実行開始前または収集終了前の数秒間のみの解析をタイマー (秒単位) で設定します。例えば、制限時間を 2 秒に設定すると、インテル® VTune™ プロファイラーは最初からデータ収集を行いますが、収集を完了する前の最後の 2 秒間のみのデータを保存します。

    データ収集をターゲット実行の開始時または終了時に制限することで、インテル® VTune™ プロファイラーが収集する生データのサイズが小さくなり、収集結果の解析を素早く開始できます。デフォルトのデータサイズで、ターゲット実行の次の領域でデータ収集を続行するには、[ポーズして開始] オプションを使用して遅延解析を行います。

関連情報