インテル® VTune™ プロファイラー・ユーザーガイド

ウィンドウ: サマリー - メモリー消費

インテル® VTune™ プロファイラーのメモリー消費解析を出発点として、[サマリー] ウィンドウを使用して、メモリーを消費する上位の関数と割り当てサイズを特定します。このウィンドウにアクセスするには、[メモリー消費] ビューポイントを選択して、結果タブで [サマリー] サブタブをクリックします。

解析タイプに応じて、[メモリー消費] ビューポイントの [サマリー] ウィンドウは次のアプリケーション・レベルの統計を提供します。

[クリップボードへコピー] ボタンをクリックして、選択したサマリーセクションの内容をクリップボードへコピーできます。

解析メトリック

最初のセクションには、アプリケーション全体の実行に関する概要統計が表示されます。

すべてのメトリック名はハイパーリンクされています。ハイパーリンクをクリックすると、[ボトムアップ] ウィンドウが開いて選択したメトリックでグリッド中のデータがソートされます。

メモリーを消費する上位関数

このセクションには、メモリーを最も消費する関数のリストが表示されます。例えば、foo 関数は、メモリー消費メトリックが最も高く、最適化の候補であると考えられます。

収集とプラットフォーム情報

ここでは次のデータを提供します。

アプリケーションのコマンド行

ターゲット・アプリケーションへのパス。

オペレーティング・システム

収集に使用されたオペレーティング・システム。

コンピューター名

収集に使用されたコンピューター名。

結果サイズ

インテル® VTune™ プロファイラーで収集された結果のサイズ。

収集開始時間

外部収集の開始時間 (UTC 形式)。[タイムライン] ペインで、カスタムコレクターによって提供されたパフォーマンス統計を調査できます。

収集停止時間

外部収集の停止時間 (UTC 形式)。[タイムライン] ペインで、カスタムコレクターによって提供されたパフォーマンス統計を調査できます。

コレクタータイプ

解析に使用されたデータコレクターのタイプ。次のタイプが利用できます。

CPU 情報

名前

収集に使用されたプロセッサー名。

周波数

収集に使用されたプロセッサーの周波数。

論理 CPU 数

収集に使用されたマシンの論理 CPU 数。

物理コア数

システム上の物理コア数。

ユーザー名

データ収集を開始したユーザー。このフィールドは、製品のインストール時にユーザーごとのイベントベース・サンプリング収集モードを有効にすると利用できます。

GPU 情報

名前

システムに搭載されているグラフィックス名。

ベンダー

GPU ベンダー。

ドライバー

システムにインストールされているグラフィックス・ドライバーのバージョン。

ステッピング

マイクロプロセッサーのバージョン。

EU カウント

レンダーと GPGPU エンジンの最大実行ユニット (EU) 数。このデータは、インテル® HD グラフィックスおよびインテル® Iris® グラフィックス (以降、「インテル® グラフィックス」) 固有です。

最大 EU スレッドカウント

実行ユニットごとの最大スレッド数。このデータはインテル® グラフィックス固有です。

最大コア周波数

グラフィックス・プロセッサーの最大周波数。このデータはインテル® グラフィックス固有です。

グラフィックス・パフォーマンス解析

GPU メトリック収集は、ハードウェア・レベルで有効になります。このデータはインテル® グラフィックス固有です。

一部のシステムでは、L3 ミス、メモリーアクセス、サンプラービジー、SLM アクセスなどの拡張メトリックの収集は BIOS で無効にされています。システムによっては、BIOS オプションを設定してこの収集を有効にできます。オプションの有無およびオプション名は BIOS ベンダーによって異なります。BIOS でインテル® グラフィックス・パフォーマンス・アナライザー・オプション (または等価なオプション) を有効に設定します。

関連情報